Archives for 12月, 2014

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 小池龍之介(11)

■ 第三章 言い訳しない その3 55.「自分は正義だ」と思い込むから攻撃的になる 56.「結局みんな自己中」と認めれば冷静になれる 57.ボランティアも自然保護運動も究極的には「自分のため」 58.脳は善悪を自分に都合がよいように決めている 59.言いたいことが言えない、小心者の胸のうちとは 60.隠れた自己愛を自覚すれば自然体でふるまえる  by 月読寺・正現寺住職 小池龍之介 しない生活 煩…
続きを読む

企業の自己資本、円安で20兆円増 上場企業、2年間で 日産やパナソニック、成長投資へ余力

■ 円安による財務体質の改善とは 円安が進行していることで、自己資本が増加し、設備投資やR&D投資への投資余力が高まる期待、との記事が出ました。 2014/12/28|日本経済新聞|朝刊 企業の自己資本、円安で20兆円増 上場企業、2年間で 日産やパナソニック、成長投資へ余力 (注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが、一旦上記リンクで同社TOPページ…
続きを読む

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 小池龍之介(10)

■ 第三章 言い訳しない その2 49.砂糖のドギツイ甘味は気分を乱高下させる 50.「快楽」を抑え「静かな満足感」をもたらす精進料理 51.ネットの情報は集めても集めても満たされることがない 52.人とつながりすぎると「快感過多」で不幸になる 53.ネットを絶って一人に立ち返ることこそ、最高の安息 54.「返事はいいです」と書き添える癖をやめる  by 月読寺・正現寺住職 小池龍之介 しない生活…
続きを読む

戦略を聞く 花王・沢田道隆社長 連続増配記録にこだわり

■ 花王が25期連続増配記録更新へ 花王の連続増配記録がさらに伸びそうです。当然、高収益の結果としての増配だと思いますので、いろいろと財務数値的な裏をとって見てみたいと思います。 2014/12/27|日本経済新聞|朝刊 戦略を聞く 花王・沢田道隆社長 連続増配記録にこだわり(注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが、一旦上記リンクで同社TOPページに飛んでい…
続きを読む

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 小池龍之介(9)

■ 第三章 言い訳しない その1 43.知人が高く評価されるとなぜ反射的に否定したくなるのか 44.妬みはごく自然な感情、恥ずべきことではない 45.勝手にライバルを仕立てて妬んでしまう心に要注意 46.誉められても喜ばず、貶されても嘆かないように 47.「心を保つ」前に、まずは「体を保つ」べし 48.「体を保つ」基本は、食事を腹七分目にとどめること  by 月読寺・正現寺住職 小池龍之介 しない…
続きを読む

レピュテーションリスク(2) コミュニケーションとガバナンス

■ 顧客との対話力 ↑どこかの英会話学校の宣伝文句のようですね。(笑) 「前回」は、危機管理の際の優先順位、「法的責任を明確にすること」と「顧客の安心安全を重視すること」のいずれが大事か、そしてその判断を誤らないためには「従業員への顧客優先の行動指針の浸透」がポイントというお話をしました。 今回は、「顧客との対話力」「企業内での意思決定の仕方」についてお話ししたいと思います。 2014/12/18…
続きを読む

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 小池龍之介(8)

■ 第二章 イライラしない その4 38.正義を声高に叫ぶ人はなぜうさんくさいのか 39.まず相手の甘えを受け止めれば対話の質は向上する 40.自分の考えを返す前に「そうですねえ」とひと呼吸おく 41.毎日たまる「聞いてもらえない寂しさ」が怒りに転じる 42.「興味あるフリ」「聞いているフリ」はすぐバレる  by 月読寺・正現寺住職 小池龍之介 しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書…
続きを読む

レピュテーションリスク(1) 危機管理時の優先順位

■ ブランドを毀損させる企業の行動 2014年下半期も、レピュテーションリスクにさらされた企業事件が複数発生しました。 「レピュテーション‐リスク(reputation risk) 企業に対する否定的な評価や評判が広まることによって、企業の信用やブランド価値が低下し、損失を被る危険度。評判リスク。風評リスク。」 (デジタル大辞泉の解説より) レピュテーションリスクを計数的に評価し、その対応策とのバ…
続きを読む

西岡常一ら著「木のいのち木のこころ」(3) 2014年12月23日 日経新聞(朝刊)より

■ 器用は器用に溺れる 「不器用」に没頭してこそ 「不器用の一心に勝る名工はいない」 「一つひとつ納得いくまでやって階段を昇る。体が時間をかけて覚え込む。いったん身についたら、今度は体がウソを嫌う。」 「基礎の段階ではある期間、ただただ浸りきることが大事。寝ても覚めても仕事のことしか考えない。一つのことに打ち込むことで人間は磨かれる。理屈や知識は要らない、むしろ、邪魔。素直な気持ちで、言われた通り…
続きを読む

熟練工の技、ロボで伝承 オムロン、サイバーダインと開発

■ 日本の宝、熟練工が不要になる!? 「前回」、人工知能がホワイトカラーの仕事を奪う可能性がある、という警鐘を鳴らした投稿をいたしました。引き続き、今回は、日本の製造業が世界に誇る熟練工まで必要なくなる恐れがある新聞記事をご紹介します。 2014/12/25|日本経済新聞|朝刊 熟練工の技、ロボで伝承 オムロン、サイバーダインと開発 (注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じていま…
続きを読む
TOPへ