Archives for 2月, 2015

(サッカー人として)三浦知良 2015年2月27日 日経新聞(朝刊)より

■ 30年目のハツラツ感 「経験がもたらすものは“上下動”が少なることじゃないかな。どんな状況でも必ずすること、ルーティン。ベテランになればなるほどその何気ない一連の作業を、本番でも練習でも何でもない日でも、常にやっている。すなわちそれが安定であり経験であり。 若い頃は軽重をつけがちになる。「きょうは練習だから、このくらいでいいや」「この日は大事だから、やろう」。でも、いざ「大事なとき」に「これを…
続きを読む

USMH、6年後の営業益300億円へ イオン系スーパー連合 参画企業募り規模拡大

■ 食品スーパーは規模拡大で収益性が向上するか? イオン資本の下で、首都圏地盤の食品スーパー3社(マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東)が大同団結して、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)が誕生します。規模拡大で、収益性は狙い通りに飛躍的に向上するものでしょうか? 2015/2/26|日本経済新聞|朝刊 USMH、6年後の営業益300億円へ イオン系スーパー連合 参画企業…
続きを読む

(私の履歴書)重久吉弘(23)スピーク・アップ 2015年2月24日 日経新聞(朝刊)より

■ 思い切って首脳と話す 親しくなりアドバイス頂く 「中国・広東省で大規模な石化プラントをイタリアのテクニモント社と共同受注した時のことだ。工期中、問題が起きると、日揮社員は発注側への細かな説明よりも黙々と解決を急ぎ、テクニモントは発注側への状況説明を優先し、解決策を一緒に探った。  日本人ならば「言葉で説明するより、早く解決しろ」と言いたくなる。だが、完工後、発注者側から「品質や出来栄えは日揮の…
続きを読む

山形から全国へ!究極のおいしさ目指す“食のブランド” セゾンファクトリー・齋藤 峰彰 2015年2月19日OA TX カンブリア宮殿

■ 洗練を育む地道な努力  「本当のおいしさは生産者への敬意で決まる」 家業の醤油醸造蔵がある理由で廃業。一斗缶でジャムづくりをスタート。 社長自ら、生産農家を訪ねて、生産者の物語を頭に叩き込む。 最高の産地の最高の品質の素材を求める。 最初は地元・山形にこだわったけど、お客様に最高の商品を提供することを優先して、 今は、山形・国内・海外が、4:4:3。 本当の素材のうまさ。それは素材の…
続きを読む

(ビジネスTODAY)強いトヨタ、鉄にも分配 鉄鋼業界、値下げ免れる 電機とは交渉難航も

■ トヨタが値下げ要求しないサプライヤーへの波及効果の違いはどこで!? 好業績のトヨタがサプライヤーに対する恒例となっている半年に一度の値下げ要求を取り下げる対象が、鉄鋼大手にも広がることがニュースになりました。そもそもどうしてこれがニュースになるのか、他の部品メーカー業界(主に電機など)と素材業種はどう違うのか。手あかのついた解説で恐縮ですが、基本をおさらいしておきたいと思います。 2015/2…
続きを読む

(私の履歴書)重久吉弘(21)人材再開発 2015年2月22日 日経新聞(朝刊)より

■ 意識促す 公平・鳥瞰 習慣が人を変える 「企業が成長するために最も重要な経営資源は間違いなく人である。モノや資金と違って人はそれぞれが意思を持つため難しさがある半面、意欲をうまく引き出し、能力を高められれば大きな可能性を企業にもたらす。社長になって改めて人を育てることを考えるようになった。 「マルチ・ナショナル・マインド」。人種、宗教、文化などを理解し、お互いに尊重し合い、卑屈になったり、見下…
続きを読む

ソニー、再建へ小さな本社 規模より効率重視 経営指標「ROE」最重要に

■ ソニーがエレキ事業を完全分社化するのは管理会計的に得か? ソニーが、エレキ事業も完全分社化する方向で新中計を発表しました。R&D機能などは、本社に残るので、完全な純粋持ち株会社へ移行ではないのですが、では管理会計的にどういう損得があるのか、検証してみたいと思います。 まず、1面の記事から。 2015/2/19|日本経済新聞|朝刊 ソニー、全事業分社 AV機器10月、「ウォークマン」も …
続きを読む

(私の履歴書)重久吉弘(17)目標とする人 2015年2月18日 日経新聞(朝刊)より

■ 前向き姿勢 先輩に学ぶ 巧みな交渉 世界の広さ実感 「私自身が営業の心がけとして若い人たちに言い続けているのは「顧客を大切にするのは当然だが、顧客に対して言うべきことをしっかり言うことこそ大事だ。顧客とは『ギブ・アンド・ギブ』になるな、『ギブ・アンド・テーク』であれ」ということだ。 営業はともすれば顧客の要望をすべて受け入れたくなるものだが、赤字になれば何のためのエンジニアリングかわからない。…
続きを読む
TOPへ