Archives for 12月, 2015

会計で経営を読む

会社を売却すべき時 ベン・ホロウィッツ著「ハード・シングス」より

■ 見事に会社売却で1700億円を手に入れた男に、企業売却について聞く! 前回の「経営管理会計トピック」投稿記事は、2015年12月30日の日経新聞朝刊に掲載された、企業買収のカリスマ、日本電産の永守重信氏のインタビュー記事へのコメントでした。企業買収のカリスマを取り上げたなら、今度は企業売却で名を上げた(財を成した)カリスマのありがた~いお言葉を、その著書からご紹介してみましょう。 ⇒「(そこが…
続きを読む
会計で経営を読む

(そこが知りたい)戦略2016(7) 大型M&Aどう進める 日本電産会長兼社長 永守重信氏に聞く 電機再編で国内に照準

■ M&Aで企業成長を成功させてきた熟達者に今年のM&Aを振り返ってもらう M&Aは交渉相手やコンペチターの動向もあり、そうやすやすと、「採用すべきM&A戦略のこれから」を正直にマスコミに話してくれるはずがない、と考えているのですが、そこはM&Aによる企業成長も株価対策になることから、ある程度、手の内の見せてくれているようです。 2015/12/30|日本経…
続きを読む
経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(7)ドラッカーが「マネジメント」の有用性を世間に広めた”伝道師”

■ 経営学者ではない。「マネジメント」の伝道師を担った文筆家だ! 「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」(以下、本書)をベースに説明していきます。とうとうドラッカーの番になりました。本気を出すと、ドラッカーとポーターは何回連続投稿しても終わりそうにないので、ここでは思い切って1回こっきりの極シンプルな説明に収めたいと思います。 本書(P69~)によりますと、 ピーター・ドラッカー(190…
続きを読む
財務会計(入門編)

不適切会計の手段 -キャッシュフロー操作(4)事業の買収・売却を使った営業キャッシュフローの水増し

■ M&Aのテクニックで見せかけの営業キャッシュフローの成長を演出する! 営業キャッシュフローの成長は、正常な企業成長の証(あかし)です。しかし、株式市場からの圧力への対応や経営者自身の報酬の維持のために、営業キャッシュフローの増大を演出する事例が後を絶ちません。本来は、営業キャッシュフローそのものとその成長は、真っ当なビジネスから生み出されるべきものなのですが、M&Aに関わるテク…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第7章 軍争篇 33 民の耳目を壱(いつ)にする

■ 組織の統率と連絡、相手側の混乱に乗じる方法について 口で言っただけでは互いに聞こえないから、太鼓や鉦(かね)を用意する。 手で示しただけでは互いに見えないから、旗や幟(のぼり)を準備する。 1.自軍の統率に心がける 太鼓や鉦、旗指物などは、兵士たちの耳で聞き、目で見る働きを、将軍の指令する方向に統一するための手段です。すでに兵士たちの注意がひとつに集中しているならば、勇敢な者も自分勝手に進むこ…
続きを読む
会計で経営を読む

ブラックバイトの真逆!居酒屋「塚田農場」の異色経営

■ ブラックバイトの真逆ならホワイトバイトとで呼びましょうか。 DIAMOND Online で、気になる記事を目にしたので、皆さんにもご紹介します。居酒屋チェーンと言えば、いっとき、とあるチェーンがブラック企業との烙印を押され、大きなダメージを受けていたニュースがありましたが、今回ご紹介するチェーンは、そんなことは皆無なお店です。 ダイヤモンドオンライン 消費インサイド ブラックバイトの真逆!居…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(24)

■ 感情には隠された目的がある! 子供は「感情」でしか大人を支配できない。 大人になってからも 感情を使って人を動かそうとするのは幼稚である。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 -------------------- 産まれたばかりの赤ん坊は言葉を話せません。「おっぱいが欲しい」「おしめが濡れて気持ちが悪い」「淋しいから抱っこしてほしい」。それらを伝える唯一の方法は「泣く」…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(23)

■ 感情には隠された目的がある! 不安だから、外出できないのではない。 外出したくないから、不安を作り出しているのだ。 「外出しない」という目的が先にあるのだ。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 -------------------- 会社に行こうと電車に乗ると急激に不安が襲ってきて会社に行けない、という不安症があります。アドラーはその症状をこう喝破しました。 「不安だから…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(22)

■ 感情には隠された目的がある! 感情はクルマを動かすガソリンのようなもの。 感情に「支配」されるのではなく「利用」すればよい。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 -------------------- アドラーの高弟ルドルフ・ドライカースは、感情をガソリンのような燃料に例えました。人は冷静な判断だけではなかなか行動に移すことは難しいようです。そういう時は、感情を使って行動…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(21)

■ 感情には隠された目的がある! カッときて自分を見失い怒鳴った、のではない。 相手を「支配」するために 「怒り」という感情を創り出して利用したのだ。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 -------------------- アドラーによりますと、「あらゆる行動には目的がある」。 アドラーが喝破した「目的論」「使用の心理学」に沿って考えると、怒りという感情は、相手にいらだち…
続きを読む
TOPへ