Archives for 3月, 2016

本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(29)

■ 「アンガーマネジメント」本を読んでも何も解決しない!? 怒りなどの感情を コントロールしようとするのは無駄である。 感情は「排泄物」なのだ。 「排泄物」を操作しても何も変わらないだろう。 ----------------------------------------------------- 私は自他ともに認める激情家で、家庭でも職場でも喜怒哀楽(特に怒り)を隠せません。絶対にポーカーでは負…
続きを読む
財務会計(入門編)

不適切会計の手段 -キーメトリクスのトリック(1)企業財務分析者が気にすべき財務指標について

■ 財務諸表のトリックは分かった。今度は財務指標のごまかしを暴く! このシリーズでは、これまで、「利益操作」の部で、収益や費用をいじって発生主義会計による業績指標の限界と、操作テクニックを見てきました。さらに、「キャッシュフローのトリック」の部で、現金主義会計における営業キャッシュフローやフリー・キャッシュ・フローなどのキャッシュフローに関する業績指標の操作テクニックを見てきました。ここからは、キ…
続きを読む
実務で会計ルールをおさらい

会計基準の選択に翻弄される企業と投資家 -新日鐵住金、アサヒ、三菱商事、三井物産、それぞれのケースを追う! そして「のれん」を語らざるを得なくなる!

■ 企業業績を公正妥当な方法で測定するはずの会計基準を選択する自由とは? 現在、日本企業は、①日本基準、②米国(SEC)基準、③IFRS(国際会計基準)、④JMIS(修正国際基準)、の4つの会計基準の選択を許容されています。いうまでもなく、企業の真実の業績と財政状態についての事実は一つしか存在しえないのですが、それを開示するルールが4つもあれば、報告結果も4つになってしまう、これが現状です。ともす…
続きを読む
TV番組レビュー

日本経済を運んで140年! 何でも届ける力を生む「段取り八分」精神 日本通運社長・渡邉健二 2016年3月24日 TX カンブリア宮殿

■ 40mの巨大物体を山頂へ 見たことない“輸送現場” 発電用巨大風車の羽(ブレード)を専用車で運ぶ。担当者は風車を運んで11年。今日は、なんでも運ぶ日本通運。長さ40m(ちなみに新幹線の車両は25m)で、プラスチック製だから、ちょっとでもぶつけると壊れてしまう。しかも重さは7トンもある。そして何より厄介なのは山道。ブレードを載せる台は左右上下の可動式で、タイヤまで回転し、横走行も可能。これでどん…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(28)

■ 「無意識」や「欲望」がすることは自分や他者に対する言い訳に利用される 「無意識にやってしまった…」 「理性が欲望に負けて…」とは、 自分や相手を欺くための「言い訳」でしかない。 ----------------------------------------------------- 「意識と無意識」「理性と感情」などと言うような二元論、相対立する要素に分けて物事、特に人間の言動を分析すること…
続きを読む
テクノロジー

健全な人工知能(AI)開発の進め方と「囲碁」AIの意外な弱点

■ 健全な人工知能(AI)の開発スタイルは、AI vs. 人間じゃない! 経営管理・管理会計をやっている筆者が、しつこく自身のブログでAIを取り上げるのは、ただ個人的に興味があるだけでなく、AIの可能性が、設計・製造・販売・サービスといったバリューチェーン上の生産性の向上と、トップマネジメントによる経営管理や経営判断に資するデータ分析をしてくれるとの期待からです。それゆえ、健全でかつ効果的なAIの…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(27)

■ 人間は「無意識」に支配されることはない。全ての言動は「意識」の結果である 意識と無意識、理性と感情が葛藤する、 というのは嘘である。 「わかっているけどできません」とは、 単に「やりたくない」だけなのだ。 ----------------------------------------------------- 本書の解説部分では、フロイト心理学とアドラー心理学の違いからこの件を説明しています…
続きを読む
TV番組レビュー

あがき続けろ それがメロディになる 作曲家・佐藤直紀 2016年3月21日 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

■ 感動のかげに「音楽」あり 映画やドラマの人気作曲家 『音楽は、天から降ってこない』 毎晩毎夜、その男は地下室で鍵盤に向かう。聞こえてくる言葉はいつも同じだった。「全く出てこない」。この男が生んだメロディをあなたはきっと知っている。 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 大河ドラマ「龍馬伝」 作った曲は3000以上。心揺さぶる音楽はどこからやって来るのか? 「空から降ってきたことはないですね。今回…
続きを読む
新聞記事・コラム

(私の履歴書)大山健太郎(18)世界へ羽ばたく 余った設備で米国進出 模倣品と競わず 新天地探す

■ アイリスオーヤマの競争戦略の原点を垣間見る! 2016/3/18付 |日本経済新聞|朝刊 (私の履歴書)大山健太郎(18)世界へ羽ばたく 余った設備で米国進出 模倣品と競わず 新天地探す ---------------------------------------------------------------------------- 当社では現在毎年1000点の新商品を出し、取扱商品は1…
続きを読む
新聞記事・コラム

(私の履歴書)大山健太郎(17)メーカー兼問屋 「売れ筋すぐ作る」へ態勢 工場改革、生活者目線で開発

■ アイリスオーヤマのビジネスモデルの一端を垣間見る! 2016/3/17付 |日本経済新聞|朝刊 (私の履歴書)大山健太郎(17)メーカー兼問屋 「売れ筋すぐ作る」へ態勢 工場改革、生活者目線で開発 ---------------------------------------------------------------------------- 一般に大手小売店は売り場の効率化と在庫削減の…
続きを読む
TOPへ