Archives for 9月, 2016

本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(55)親が貼る子供への「レッテル」の影響について

■ 親に貼られたレッテルに応えようとするのが子供 子供は親が貼ったレッテル、 たとえば「しっかしりした子」「甘えん坊」 「おてんば」「恥ずかしがり屋」などに対して 過剰に応えようと努力する。 ----------------------------------------------------- 本書によりますと、アドラーは親が子供に貼るレッテルの影響の大きさについて警鐘を鳴らしています。 子供…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(9)「在任中に何を成すか」を決める - デッドラインで自分を追い込め

■ 「ストレッチ思考」と「ゴール思考」の違いとは? このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト この節は、まずは佐々木さんがサラリーマンにはつきものの異動について思うところを語るところから始まります。 明確な目標…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(54)両親が持っている「家族価値」について

■ 子供は育てられるのではなくて自分で育つのだ! 子供は両親が持っている価値観を 無視することができない。 全面服従して受け容れるか全面反抗するのだ。 警察官の子供なのに 非行に走ることがあるのは、それが理由である。 ----------------------------------------------------- 本書によりますと、アドラーは「警察官の子供なのに非行に走る」というあるある…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(8)すべての部下と面談する - 前任課長の仕事を評価する

■ 「事実」と「真実」とは全く異なる! このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト この節は、まずは佐々木さんが着任後に速攻でやらねばならぬ担当する課の現状把握のポイントを列挙しているところから始まります。 (1…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第10章 地形篇 47 地の道は将の至任(しにん)

■ リーダーの戦場を読み切る力とは? 戦場の地形にはパターンがあります。 (1)「通」四方に広く通じ開けている (2)「挂」途中に行軍が渋滞する難所がある (3)「支」途中で脇道が分岐している (4)「隘」道幅が急に狭まっている (5)「険」高く険しい道になっている (6)「遠」両軍の陣地から遠く離れている (1)「通」での戦い方 敵軍よりも先に高地の南側に陣取って、食糧の補給路を自軍に有利に確保…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(53)子供は親を真似て成長する!

■ 子供は親の背中を見て育つ 身振りや話し方が親に似るのには理由がある。 子供は親を真似ることで親の権力を手に入れようとし、 結果として本当に似てくるのだ。 ----------------------------------------------------- 本書によりますと、アドラー視点では、子供が親に似るには遺伝だけが理由ではなく、子供が意識的・無意識的に親のまねをしようとして、似ること…
続きを読む
所感

ESG投資やエシカル消費という言葉が無い世界へ

■ 今の特別を未来の当たり前に 株式投資の世界では、ESG投資、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を選別して行う投資の重要性が主張され、実際にその種の投信ファンドが高成績だったりしています。また、環境や社会に配慮した製品やサービスを選んで消費することを、「エシカル(ethical)消費」と呼んだりします。具体的には、途上国の労働…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第9章 行軍篇 46 兵は多益に非ざるも

■ 部下がついていきたくなる上司とは? 兵力数が圧倒的に多くなくても、軽率に猛進さえしなければ、少ないながらも戦力を集中して敵情を読むのには十分であって、最後には敵を思い通りに屈服させることができる。そもそも何らの周到な考えなしに敵を頭から侮るような将軍(リーダー)は、敵の捕虜にされるのが落ちである。 兵士たちがまだ将軍(リーダー)に対して心をひとつにして親しんでもいないのに、兵士たちを処罰しても…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(7)「時間厳守」を叩き込む - 時間にルーズな課は成果を出せない

■ ビジネスマンは時間厳守が鉄則! このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト この節は、まずは佐々木さんが着任スピーチの際に、必ず「時間を守らない人には厳しく対処します」との宣言を行う旨の強いメッセージから始ま…
続きを読む
業績管理会計(入門編)

業績管理会計の基礎(2)マネジメント・コントロール・システムのための管理会計とは

■ 業績管理会計が前提とする企業組織と企業活動 業績管理会計は、企業組織の運営と企業活動の統制のために活用される会計的技法や会計的資料の提供を行うものです。業績管理会計そのものを理解する前に、業績管理会計が相手にしている企業観をまず理解する必要があります。 上記のような企業観は、ロバート=N=アンソニー(以下、アンソニー)という会計学者が最初に示したものです(「経営管理システムの基礎」1968年)…
続きを読む
TOPへ