Archives for 10月, 2016

所感

制管一致について(4)制管差異はどこまで説明されねばならないのか?

■ 会計的多神教を信仰するには覚悟が必要である! 前回、会計の世界には、「一神教」= 制度会計数値のみが真に企業業績を表す数字である、「多神教」=使用目的に応じて会社内に異なる定義の会計数値が並立してもよい、という宗教的対立があることを説明し、特に前者の「一神教」信者の心の内を解説しました。 ⇒「制管一致について(3)会計の世界における「一神教」と「多神教」の違いとは!?」 では真打ち登場!? 筆…
続きを読む
所感

制管一致について(3)会計の世界における「一神教」と「多神教」の違いとは!?

■ あなたは、どっちの会計の神様を信じますか? ようやく「制管一致(財管一致)」の本質に触れる入口に辿り着きました。ところで、あなたが信じる神は、「一神教」における神ですか、それとも「多神教」における神ですか? 人類史上、「多神教」が先に生み出され、その後に「一神教」が発明されました。歴史的には「多神教」の方が先輩にあたります。日本は古来から「八百万神(やおよろずのかみ)」といって、自然のもの全て…
続きを読む
所感

管理会計はどこまで経営に役立つか?

■ 管理会計は本当に経営の役に立っているのか? 私は、「管理会計」が個人的に最大の趣味であり、ビジネスキャリアとしても最も長く、現在の職業としています。そして、人によって「管理会計」の定義が異なり、「管理会計」に対する思いもそれぞれであることも知っています。それゆえ、これから吐露する「管理会計」に対する思いは、あくまで個人的な意見であることも自覚しています。 私が「管理会計」に出会って現時点で26…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(68)共同体感覚を持ち合わせば人は幸福になれる!

■ 共同体感覚を持つための心の準備とは? 「他者は私を援助してくれる」 「私は他者に貢献できる」 「私は仲間の一員である」 この感覚がすべての困難からあなたを解放するだろう。 ----------------------------------------------------- アドラーによれば、「共同体感覚」を心の中に養うことで、人生における大半の悩みは解消し、すべての困難から解放される、と…
続きを読む
所感

制管一致について(2)その前に制制一致の問題があります!パート2:会計基準差異とIFRS導入

■ 制度会計ルールに従っても、なぜか評価基準として使えない財務諸表 筆者が本当に取り上げたい本題は、「制管不一致」なのですが、その前に「制制不一致」問題を語る必要があり、前回は、日本における①金商法会計、②会社法会計、③税法会計に横たわる差異について思いを語らせて頂きました。 ⇒「制管一致について(1)その前に制制一致の問題があります!」 今回は、引き続き「制制不一致」パート2として、グループ連結…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(67)誰も他人を尊重しない。じゃあ、あなたから始めれば?

■ 主体的に他人に与える喜びを持つことが幸福感につながる 誰かが始めなければならない。 見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、 「あなたから」始めるのだ。 ----------------------------------------------------- 利己的な行動は、本当に自分にとって有利なのか? そして、利他的な行動は全て自分にとって不利になるのか? 自分の力だけでできること…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(66)他者に対する貢献こそ自分の居場所を作る!

■ 「共同体感覚」を持つことが幸福感につながる 自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。 受け取るよりも多く、相手に与えること。 幸福になる唯一の道である。 ----------------------------------------------------- アドラーとその高弟ルドルフ・ドライカースは、人間が幸福になる道は、「共同体感覚」を持ち合わせることと説きました。「共同体感覚」は、…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(65)この体験を通じて相手が何を学びとれるかを想像してみよう!

■ しつけや育成に迷った時は? 人の育て方に迷った時は、自分に質問するのだ。 「この体験を通じて、相手は何を学ぶだろうか?」と。 そうすれば、必ず答えが見つかるだろう。 ----------------------------------------------------- 本書にて、次のような事例が紹介されています。 子供と母親が、「おもちゃをきちんと片づけないと、次の日はおもちゃで遊べない」…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(64)優しくするのと甘やかすのとは違う!

■ 甘やかしは寄生生物(パラサイト)を生み出してしまう! 「この子は言葉を覚えるのが遅いので……」 と母親が子供の通訳を買って出る。 すると子供は、自分で話す必要がなくなり、 本当に言葉が遅くなるだろう。 ----------------------------------------------------- 子供を持つ親なら、一度は感じることだと思いますが、子供に苦労をかけたくないと、先回り先…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(63)結末を体験させて気付かせる

■ 罰を与えず、不自然な論理的結末を体験させて気付かせるのだ! 罰を与えるのではない。 結末を体験させるのだ。 子供が食事の時間になっても帰ってこなければ、 一切叱らずに食事を出さなければよい。 ----------------------------------------------------- アドラー心理学が、「叱らない」しつけ論を唱えても、それに代わる方法論を教えてもらわないと、それに…
続きを読む
TOPへ