アーカイブ: 11月, 2016

本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(73)感謝するのと褒めることはどう違うのか?

■ 共同体感覚を高めるためには、褒めるのではなく感謝するべし! 「よくできたね」とほめるのではない。 「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。 感謝される喜びを体験すれば、 自ら進んで貢献を繰り返すだろう。 ----------------------------------------------------- どうすれば、社会に居場所があると感じることができて、自分の人生の幸福と周囲の環…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(72)相手の権利に土足で踏み込んではいけない

■ 自分の自由意思で行動する機会が増えれば増えるほど、共同体感覚を養うことができます! 相手の権利に土足で踏み込んではならない。 権利を尊重し、自分で決めさせるようにすれば、 人は、自分を信じ、他人を信じるようになるだろう。 ----------------------------------------------------- 親子とか、上司部下とか、先輩と後輩。一見して、上下関係が存在してい…
続きを読む
業績管理会計(入門編)

KPI経営入門(3)KPIあえて1つ パーク24のカーシェア躍進 - 日経情報ストラテジー2016年8月号より

■ 駐車場運営のパーク24がカーシェアリング事業で業績拡大している様子から 本稿は、筆者のKPI経営のセオリーを、事例を使って検証するものです。日本経済新聞電子版:すごい現場で紹介されていた、日経情報ストラテジー2016年8月号記事再構成版を元に説明していきます。 2016/8/15付 |日本経済新聞|電子版 KPIあえて1つ パーク24のカーシェア躍進 「時間貸し駐車場最大手のパーク24は、カー…
続きを読む
TV番組レビュー

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「なぜ変わらない?働き方のジレンマ」2016年11月27日 NHK - 誰があなたに仕事を与えてくれるのかを忘れてはいけない。顧客不在の議論は全て不毛である!

■ 仕事を舐めていませんか? やらされ仕事をだらだら長時間することと、自律的・能動的に働く時間が長いことの決定的な違い 週末の夜、ザッピングをしていて、ふと目に留まったので、標題のNHKのパネラーによる討論番組を視聴しました。テーマによっては興味を惹くものが多いので、これまでも何度か見させてもらったのですが、若手の意識高い系の人たちが、いろいろとご高説をノタマウのを聞いていて、最初は、「ふーん、最…
続きを読む
とことんROE

(やさしい経済学)ROE重視と企業価値創造(8)キャッシュフロー創出力がカギ 小樽商科大学准教授 手島直樹 - 企業価値は会計的利益をひとひねりしないと出てこないけど、単純にキャッシュフローでもありません!

■ 衝撃に備えよ!「ROE」も「キャッシュフロー」もそのままでは企業価値評価には使えない! 日本経済新聞 朝刊で2016/10/14~10/25、全8回連載で、「ROE重視と企業価値創造」について小樽商科大学手島直樹准教授による解説記事が掲載されました。2014年8月に公表された「伊藤レポート」の衝撃から、株主還元100%を宣言する会社が登場する等、ROEが経営者や一般投資家を巻き込んで激しい論争…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(71)失敗や敗北を避ける最も確実な方法はチャレンジをしないことである

■ チャレンジしなければ傷つかない。でもそれで本当に幸福と言えるのか? 「仕事で敗北しませんでした。 働かなかったからです」 「人間関係で失敗しませんでした。 人の輪に入らなかったからです」 ―――彼の人生は完全で、そして最悪だった。 ----------------------------------------------------- アドラーは辛辣に内に閉じこもる人の心理を解析します。 失…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(70)自分の居場所がないと思ったら他者貢献して居場所を作ってしまえばよい!

■ 他者貢献が自分の居場所を社会に作る! 人は居場所がないと感じると 精神を病んだり、アルコールに溺れたりする。 他者に貢献することで居場所を確保すればよい。 ----------------------------------------------------- アドラーの分析を、本書では次のように紹介されています。 犯罪者、精神病者、アルコール依存症、性的倒錯者、自殺する人―――。一見すると…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(69)共同体感覚の高低と活動性の有無のマトリックスで人を4つにタイプ分けすると?

■ 人のライフスタイルを分類してみました 自分のことばかり考えてはいないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、 これらの人は幸せになることができないだろう。 ----------------------------------------------------- アドラーは1933年に、人のライフスタイルを次のように分類するフレームワークを発表しています。コンサルタントたる自分から見ると、軸…
続きを読む
とことんROE

(やさしい経済学)ROE重視と企業価値創造(7)企業視点の指標活用も増える 小樽商科大学准教授 手島直樹 - 企業価値評価におけるROICや投下資本の本来的な定義はコレです!

■ 衝撃に備えよ!世の中の「ROIC」指標のウソを暴く! 日本経済新聞 朝刊で2016/10/14~10/25、全8回連載で、「ROE重視と企業価値創造」について小樽商科大学手島直樹准教授による解説記事が掲載されました。2014年8月に公表された「伊藤レポート」の衝撃から、株主還元100%を宣言する会社が登場する等、ROEが経営者や一般投資家を巻き込んで激しい論争や株式市場での思惑を生み出し、RO…
続きを読む
とことんROE

(やさしい経済学)ROE重視と企業価値創造(6)絶対額も考慮、縮小に歯止め 小樽商科大学准教授 手島直樹 - エクイティ・スプレッド論ですら、簿価のくびきから自由になっていない件

■ 衝撃に備えよ!ファイナンス理論の「常識の壁」「バカの壁」をぶち壊す! 日本経済新聞 朝刊で2016/10/14~10/25、全8回連載で、「ROE重視と企業価値創造」について小樽商科大学手島直樹准教授による解説記事が掲載されました。2014年8月に公表された「伊藤レポート」の衝撃から、株主還元100%を宣言する会社が登場する等、ROEが経営者や一般投資家を巻き込んで激しい論争や株式市場での思惑…
続きを読む
TOPへ