アーカイブ: 2月, 2017 - ページ 3

名言・格言

スティーブ・ジョブズ(11)デザインとは、どうやって動くかだ!

■ あなたは自分の仕事をきちんとデザインできていますか? Design is not just what it looks like and feels like. Design is how it works. デザインとは、単なる視覚や感覚のことではない。デザインとは、どうやって動くかだ。 (スティーブ・ジョブズ) -------------------- デザインとは、有形のプロダクトだと、…
続きを読む
経営管理(基礎編)

私の履歴書より カルロス・ゴーン氏と大橋光男氏のリーダーシップ論 - PM理論、マネジリアル・グリッド理論、SL理論を添えて

■ 相次いで偉大な経営者のリーダーシップ論が飛び出した「私の履歴書」 2017年1月と2月、日産・ルノーCEO:ゴーン氏、昭和電工最高顧問:大橋氏のリーダーシップ論を目にし、やっぱりと気づいた点があったので、皆さんと共有したく本稿をまとめました。それは、偉大な経営者たちのリーダーシップ論が、あるフレームワークで整理されると、各人の指摘事項も理解が深められるだろうということです。逆に、上から目線で、…
続きを読む
新聞記事・コラム

(それでも親子)歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん 父の教え、孫たちにも届く

■ 自分の中に最後まで残るものとは? 2017/1/31付 |日本経済新聞|夕刊 (それでも親子)歌手・エッセイスト アグネス・チャンさん 父の教え、孫たちにも届く (注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが、一旦上記リンクで同社TOPページに飛んでいただき、上記リード文を検索すればお目当ての記事までたどり着くことができます  「父が何より大切にしたのは、学ぶ…
続きを読む
会計で経営を読む

内製化とアウトソーシング(外注)、そしてアライアンスを峻別する戦略眼はどこに定めるべきなのか?

■ 会社が事業・商品ポートフォリオ選択と業務プロセス設計をする際の着眼点とは? 大企業という名で呼ばれる企業は、得てして複数事業を営み、業務プロセス(バリューチェーン)も多岐にわたっています。機能軸で統合化すれば「垂直統合」、機能軸で得意分野に特化すれば「水平分業」と理解するのが通常です。何故、どの企業(産業・業界)が「垂直統合」を目指すのか、はたまた「水平分業」を選択するのか、いくつかのサンプル…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(92)新しいチャレンジのためにあえて失敗させる

■ 「失敗」の機会を奪われることは勇気くじきの元である 「まだ無理だ」と思っても、やらせてみる。 失敗しても「今度はうまくできるはず」と 声をかけることが大切なのだ。 ----------------------------------------------------- 子供がジュースを注ごうとして、「どうせこぼすから私がやってあげる」と代わりにコップにジュースを注いでしまう。部下が顧客からの…
続きを読む
財務会計(入門編)

会計原則・会計規則の基礎(1)会計原則の基本構成を知る

■ 会計原則論を語ってみる! 「企業会計原則」「会計規則」「会計法規」という会計の世界の成文法(文書の形で会計処理の原理原則や手続きが記述してあるもの)を順次解説していきたいと考えています。本稿では、「会計原則」「会計規則」と呼ばれる成文法が織り成す体系についてざっくりご紹介したいと思います。 通常、「会計原則」というと、固有名詞としては、大蔵省企業会計審議会の前身 (経済安定本部企業会計制度対策…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(91)アイ・メッセージで勇気づけを与える方法とは?

■ 「私」の気持ちを伝えることに徹する。 「ケーキ、食べちゃったの?ひどい!」などと 怒り、睨みつけてはいけない。 「食べたかったなぁ。残念だなぁ」と伝えるのだ。 ----------------------------------------------------- 自分が楽しみにしていたケーキを家人に食べられたとき、相手を詰ってもケーキは戻ってきません。どうしても食べたかったら、買い直してく…
続きを読む
財務会計(入門編)

企業会計の基本的構造を理解する(6)財務諸表を取り巻く制度会計 - トライアングル体制と言われたのはその昔

■ 会計を「制度」たらしめる「制度会計」のレーゾンデートルとは? 「企業会計原則」「会計規則」「会計法規」という会計の世界の成文法(文書の形で会計処理の原理原則や手続きが記述してあるもの)を順次解説していきたいと考えています。その前に、そもそもの「企業会計」の背景に流れる「会計的なものの考え方」をざっくりご紹介するのが本稿の目的です。 今回は、「制度会計」を「制度」たらしめている根拠がどこにあるの…
続きを読む
TOPへ