アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(5)

Pocket
Share on LinkedIn

■ 責任転嫁が施してくれる薬効はほんの一時のことだけ

コンサルタントのつぶやき_アイキャッチ

「親が悪いから」
「パートナーが悪いから」
「時代が悪いから」
「こういう運命だから」
責任転嫁の典型的な言い訳である。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

—————–
言い訳をして責任転嫁をすると、その一瞬はとても気持ちが楽になります。
誰誰が悪い、タイミングが悪い、社会が悪い、世の中が悪い、、、
しかし、自分では何もせず、自分の不幸な境遇を運命のせいにして、嘆くだけでは、何も好転しません。

本当に幸せになりたいなら、現状の課題を解決したいなら、自身が置かれた状況を変えたいなら、自分でアクションを起こすしかありません。

ただ、すべてを変える力は当然のことながら、自分に100%備わっているとは限りません。過去を受け入れ、自分の非力を受け入れ、努力したけど何もできない現実は、それはそれで受け入れていく必要もあります。前提条件として、積極的に受け入れる。その上で、何か改善できる余地はないか、どうやったら危機を脱出できる方策が考えつくか、もがいてみましょう。

『天は自ら助くる者を助く』by サミュエル・スマイルズ
Heaven helps those who help themselves.

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

また、責任転嫁された方の人の気持ちを考えてみましょう。あなたから攻められた相手の心境はどうでしょうか? 余計にあなたに反発心や恨みつらみを抱くのではないでしょうか? 人は、「過去」と「他人」を変えることはできないのです。

しかし、自分を変えることはできる!

正面から自分と向き合い、根本治療をする勇気を持ちましょう!

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

(Visited 129 times, 1 visits today)
Pocket
Share on LinkedIn

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です