Pocket

■ 逃げてラクになってその先どうする?

コンサルタントのつぶやき_アイキャッチ
敗北を避けるために、時に人は自ら病気になる。
「病気でなければできたのに・・・・」
そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

—————–

人間は、「頭痛」「腹痛」「発熱」「吐き気」「パニック」などの症状を無意識のうちに作り出すことができます。これを、心理学では「疾病利得」といいます。

アドラーはこのことを次のように表現しています。

「人は人生の敗北を避けるために、あらゆるものを利用する」

アドラー心理学は、「自己肯定」を否定し、「自己受容」を勧めます。

「自己肯定」は、「自分はできるんだ! 自分はすごいんだ!」と自己に暗示をかけ、自分の本心に嘘をつくやり方です。

「自己受容」は、「できない自分をありのまま受け入れ、どうすればできるようになるのかを考える」前向きな心映えを持つやり方です。

ありのままの自分を受容することができたなら、「疾病利得」で自分の心に嘘をつく必要もなくなるのです。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

(Visited 266 times, 1 visits today)
Pocket

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(7)http://keieikanrikaikei.com/wp-content/uploads/2015/04/f2dde0c815f506d35f39301dbbb486e4.jpghttp://keieikanrikaikei.com/wp-content/uploads/2015/04/f2dde0c815f506d35f39301dbbb486e4-150x150.jpg小林 友昭本レビューアドラー■ 逃げてラクになってその先どうする? 敗北を避けるために、時に人は自ら病気になる。 「病気でなければできたのに・・・・」 そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 ----------------- 人間は、「頭痛」「腹痛」「発熱」「吐き気」「パニック」などの症状を無意識のうちに作り出すことができます。これを、心理学では「疾病利得」といいます。 アドラーはこのことを次のように表現しています。 「人は人生の敗北を避けるために、あらゆるものを利用する」 アドラー心理学は、「自己肯定」を否定し、「自己受容」を勧めます。 「自己肯定」は、「自分はできるんだ! 自分はすごいんだ!」と自己に暗示をかけ、自分の本心に嘘をつくやり方です。 「自己受容」は、「できない自分をありのまま受け入れ、どうすればできるようになるのかを考える」前向きな心映えを持つやり方です。 ありのままの自分を受容することができたなら、「疾病利得」で自分の心に嘘をつく必要もなくなるのです。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え現役の経営コンサルタントが管理会計をテーマに情報発信します