Pocket

■ そのままの自分を認めよ!

コンサルタントのつぶやき

あなたが劣っているから劣等感があるのではない。
どんなに優秀に見える人にも劣等感は存在する。
目標がある限り、劣等感があるのは当然なのだ。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

—————–
頭が良くて、見た目も秀麗で、性格も明るい社交的な人が、実は「私は、ダメな人間なんです。だって、、、」という強い劣等感に悩まされている、なんてことはよくあることです。

人は誰でも劣等感を持っているものなんです。

なぜなら、人は無自覚に、「こんな人間になりたい」「こんな人生を歩んでみたい」という目標を持っているからです。得てして、目標は常に現状より高い所に位置づけられます。たとえ周りから見て順風満帆で、もうこれ以上望むことはないであろう、と思える人でも、さらなる高い目標を持っているものなのです。

つまり、いつまで経っても永遠に目標は未達。だからこそ劣等感が生まれるのです。

どんなに完璧に見える人でも劣等感を抱いている。劣等感は決して、「人より大きく劣っている人に特有」のものではないのです。優秀な人でも、見た目が立派な人でも、皆等しく持っている、あくまで「主観的」なものなのです。

それゆえ、アドラーは言います。

「そのままの自分を認めよ!」

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

(Visited 74 times, 1 visits today)
Pocket

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(11)http://keieikanrikaikei.com/wp-content/uploads/2015/04/f2dde0c815f506d35f39301dbbb486e41-e1428166267398.jpghttp://keieikanrikaikei.com/wp-content/uploads/2015/04/f2dde0c815f506d35f39301dbbb486e41-150x150.jpg小林 友昭本レビューアドラー,劣等感■ そのままの自分を認めよ! あなたが劣っているから劣等感があるのではない。 どんなに優秀に見える人にも劣等感は存在する。 目標がある限り、劣等感があるのは当然なのだ。 アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉 ----------------- 頭が良くて、見た目も秀麗で、性格も明るい社交的な人が、実は「私は、ダメな人間なんです。だって、、、」という強い劣等感に悩まされている、なんてことはよくあることです。 人は誰でも劣等感を持っているものなんです。 なぜなら、人は無自覚に、「こんな人間になりたい」「こんな人生を歩んでみたい」という目標を持っているからです。得てして、目標は常に現状より高い所に位置づけられます。たとえ周りから見て順風満帆で、もうこれ以上望むことはないであろう、と思える人でも、さらなる高い目標を持っているものなのです。 つまり、いつまで経っても永遠に目標は未達。だからこそ劣等感が生まれるのです。 どんなに完璧に見える人でも劣等感を抱いている。劣等感は決して、「人より大きく劣っている人に特有」のものではないのです。優秀な人でも、見た目が立派な人でも、皆等しく持っている、あくまで「主観的」なものなのです。 それゆえ、アドラーは言います。 「そのままの自分を認めよ!」 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え // < !]>現役の経営コンサルタントが管理会計をテーマに情報発信します