アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(20)

Pocket
Share on LinkedIn

■ 感情には隠された目的がある!

コンサルタントのつぶやき

悲しいから涙を流すのではない。
相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

——————–
アドラーは、「すべての行動には(本人にも無自覚な)目的がある」と言いました。これをアドラー心理学では「目的論」と呼びます。

そして、
「感情が人を突き動かす」のではなく、
「人は目的のために感情を使用する」と言いました。

これを「使用の心理学」といいます。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

人が涙を流すとき、そこには目的があります。
ただ悲しみを表現するだけの時もあるでしょう。
しかし、ある時には、涙により同情を集めたり、注目を集めようという意図が込められていることもあるかもしれません。
また、時には涙を流すことで、相手や周囲の人間に、「私をこんなにも泣かせるなんて、あなたはひどい人だ」と、抗議や復讐の念の込めているのかもしれません。

アドラーが戒めるのは、ただ涙を流す、などといった感情の発露自体ではありません。そうした一連の勘定を現す行為・情動は、無自覚の中で行われることが多いので、本人でさえも意識していないことがある、ということに気を付けましょう、ということなのです。

アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学

(Visited 173 times, 1 visits today)
Pocket
Share on LinkedIn

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です