名言・格言

スティーブ・ジョブズ(9)過去から現在までの軌跡を「線」として実感することと未来への希望について

■ あなたには未来はどう見えていますか? You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. 未来を見て、点を結ぶことはできない。…
続きを読む
所感

プログラムのバグを修正することをなぜ「パッチ」を当てると言うのか? - 「パッチを当てる」の言い方は「馬から落馬」と同じ

■ 「バグ」とか「パッチ」とか、ITの世界のあたりまえ用語の語源とは? コンピュータプログラムの誤りや欠陥を表す言葉が「バグ(虫、Bug)」と呼ばれている理由は真しやかに、当時の真空管製のコンピュータの光に誘われた蛾が、リレーの間に挟まり、誤動作を起こしたことに由来すると言われています。1947年9月9日に米ハーバード大学にて、アメリカ初の電気機械式計算機「Mark II」のリレーに蛾が挟まり、動…
続きを読む
財務会計(入門編)

企業会計の基本的構造を理解する(2)動態論的貸借対照表とは? 収支計算と期間損益計算のズレを補正する損益計算書の連結環

■ 企業会計における「計算構造」の一番大きなフレームワークとは? 「企業会計原則」「会計規則」「会計法規」という会計の世界の成文法(文書の形で会計処理の原理原則や手続きが記述してあるもの)を順次解説していきたいと考えています。その前に、そもそもの「企業会計」の背景に流れる「会計的なものの考え方」をざっくりご紹介するのが本稿の目的です。 会計は企業の経済事象を貨幣価値(お金)という指標を用いて、経済…
続きを読む
財務会計(入門編)

企業会計の基本的構造を理解する(1) 会計取引の計上に必要な「認識」と「測定」について

■ 企業会計の基本的バックボーンを説明します 「企業会計原則」「会計規則」「会計法規」という会計の世界の成文法(文書の形で会計処理の原理原則や手続きが記述してあるもの)を順次解説していきたいと考えています。その前に、そもそもの「企業会計」の背景に流れる「会計的なものの考え方」をざっくりご紹介するのが本稿の目的です。 「会計」は、株式会社に代表される「営利団体」、地方公共団体や学校法人に代表される「…
続きを読む
経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(13)ヘンダーソンによるBCGの誕生と3つの飛躍- PPM、経験曲線、持続可能な成長率

■「時間」「競争」「資源配分」を体系づけた戦略コンサルティングツールの発明 「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」(以下、本書)をベースに説明していきます。ヘンダーソンが、ボストン コンサルティング グループ(BCG)を1963年(48歳のとき)に立ち上げました。彼は、「企業や市場を徹底的に分析して、それを動かしているシステムを見つけ出したい」という知的欲求が動機となってBCG設立へとつ…
続きを読む
名言・格言

ニーチェ(1)他人があなたの意見に反対する本当の意味とは?

■ 誰かがあなたの意見に反対する理由とは? One often contradicts an opinion when what is uncongenial is really the tone in which it was conveyed. 人が意見に反対するときはだいたいその伝え方が気に食わないときである。 (ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900) -----------…
続きを読む
名言・格言

ジョン・F・ケネディ(2)中間管理職と真のリーダーシップの違いとは

■ プレッシャーを与えられた時に本当の顔が覗く! The elusive half-step between middle management and true leadership is grace under pressure. 中間管理職と真のリーダーシップとの微妙な半歩の違いは、プレッシャーの下で優雅さを保てるかどうかだろう。 (米国の第35代大統領/ 1917~1963) ------…
続きを読む
テクノロジー

仮想通貨だけに留まらない。経済取引の根幹を変えてしまうブロックチェーン2.0(2) - ビジネスブロックチェーンの安全性と将来性について 日経BigDataより

■ 落ちない、書き換えられない、管理者がいないブロックチェーンとは? 今年も、AI(人工知能)、IoT、ビッグデータに並んで語られるであろうフィンテック。その中でも、ビットコインに代表されるブロックチェーン技術。その進化と、仮想通貨以外への応用の可能性を概説します。本稿は、日本経済新聞電子版に転載された、日経BigDataの連載記事である「ビジネスブロックチェーン(上)(中)(下)」を参考に構成し…
続きを読む
テクノロジー

仮想通貨だけに留まらない。経済取引の根幹を変えてしまうブロックチェーン2.0(1) - ビジネスブロックチェーンの仕組みと可能性について 日経BigDataより

■ ブロックチェーンの可能性と課題について考えてみる! 今年も、AI(人工知能)、IoT、ビッグデータに並んで語られるであろうフィンテック。その中でも、ビットコインに代表されるブロックチェーン技術。その進化と、仮想通貨以外への応用の可能性を概説します。本稿は、日本経済新聞電子版に転載された、日経BigDataの連載記事である「ビジネスブロックチェーン(上)(中)(下)」を参考に構成しました。 (参…
続きを読む
経済動向を会計で読む

ビットコイン、金融政策失墜が背景 岩村充早大教授 「Disruption 断絶を超えて」特別編 - 中央銀行の歴史と政府からの独立性を考える。法定通貨と仮想通貨の相克から

■ ビットコインに代表される仮想通貨が法定通貨にとって代わるのか? 新春早々、仮想通貨の特集記事が組まれています。フィンテックや仮想通貨、その技術的基礎となるブロックチェーンへの関心は2017年も高いと思われます。本稿では、専門家の法定通貨VS仮想通貨のお話を嚆矢に、中央銀行や通貨制度について、経済学の復習も同時にやってしまえとミニ論点集としたいと考えています。 2017/1/7付 |日本経済新聞…
続きを読む
TOPへ