財務分析(入門編)

トレンド分析(2)在庫循環モデル - 通説とは真逆の逆走するトヨタの在庫循環をJIT生産モデルで解説!

■ 在庫循環モデルとは? 継続的なビジネスを営んでいるうえで、自社の受注-生産-販売のトレンドを時系列に並べて眺めると、足下の業績水準と将来の業績予想をある程度、複雑な統計手法を使用せずとも過去トレンド情報から類推することができます。その代表格のふたつめが、「BBレシオ」に続き、今回紹介する「在庫循環モデル」です。 「在庫循環モデル」とは、在庫の増減率と出荷の増減率から、景気変動をトレンドや局面を…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第11章 九地篇 53 利に合わば而ち動き - 弱者の戦法 自分が強いポジションが取れないときは相手の不利なポジションで戦う

■ 負けないための相手の見切り方とは? 戦闘に巧みな者は、敵に対して、 (1)先鋒部隊と後衛部隊とが接続し合わないようにする (2)大部隊と小部隊とが援護し合わないようにする (3)貴族と民衆とが救援し合わないようにする (4)上官と部下とが支え合わないようにする (5)各部隊が分散して集結しないようにする (6)敵兵力が集合しても戦列が整わないようにする こうして敵の戦闘態勢が自軍に有利になれば…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(19)「人事評価」では自分を押し殺す - 己の価値観から離れてみる

■ 好き嫌いで人事評価をしてはいけないか? このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト 課長(管理職)になって、2番目に悩むであろう、課長あるあるは、「人事評価」をどう決めるかです。人事評価は極めて重要な課長の仕…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(18)褒めるが8割、叱るが2割 - 大事なのは「本気」であること

■ 私自身は褒められて伸びるタイプに違いないのですが、、、 このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト 課長(管理職)になって、最初に悩むであろう、課長あるあるは、「部下をどうやって叱るか、どうやって褒めるか」に…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(17)家庭の事情もオープンにする - 自分の周りに垣根をつくらない

■ オープンに自分をさらけ出すと部下との信頼関係が強まる! このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト 課長は、任された組織の所属メンバ全員が持ち前の力量を100%出し切り、チームとして最高のパフォーマンスを上げ…
続きを読む
経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(19)ベンチマークで復活したゼロックス・サウスウェスト航空・フォード - 安易な他社ベスト・プラクティスの模倣で成功した古き良き時代

■ ゼロックス大反攻作戦開始! 「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」(以下、本書)をベースに説明していきます。今回は、ケイパビリティ派の勃興の様子をベンチマーキングという手法を中心にした導入事例をベースに解説します。 最初に登場するのが、「経営戦略概史(17)キヤノンとホンダ 無鉄砲な日本企業たちの躍進 - この2社の躍進がケイパビリティ学派登場のきっかけとなった」でご紹介したキヤノン…
続きを読む
財務会計(入門編)

会計原則・会計規則の基礎(2)戦後の日本経済の出発点のひとつとなった『企業会計原則』の誕生

■ 『企業会計原則』の誕生日は昭和24年! 「企業会計原則」「会計規則」「会計法規」という会計の世界の成文法(文書の形で会計処理の原理原則や手続きが記述してあるもの)を順次解説していきたいと考えています。本稿では、その昔、会計を志している(した)人(大学教授、経理実務家、学生、公認会計士など)がいの一番に学んだ『企業会計原則』のあらましをざっと見ていきましょう。 前回までは、個別の成文法としての会…
続きを読む
財務分析(入門編)

トレンド分析(1)BBレシオ - 個別受注型企業の販売モデルを理解する

■ 受注産業では、受注が売上の先行指標になり得ます 継続的なビジネスを営んでいるうえで、自社の受注-生産-販売のトレンドを時系列に並べて眺めると、足下の業績水準と将来の業績予想をある程度、複雑な統計手法を使用せずとも過去トレンド情報から類推することができます。その代表格のひとつが今回紹介する「BBレシオ(Book-to-Bill Ratio)」です。 「BBレシオ」とは、出荷額(billing)に…
続きを読む
経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(18)ピーターズらが放った反ポジショニング的ヒット作『エクセレント・カンパニー』 -本は売れたけどコンサルは売れなかった!

■ マッキンゼーの7Sの誕生 「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」(以下、本書)をベースに説明していきます。今回は、ポーターが開祖のポジショニング学派に最初の大反撃がどのように行われた家の顛末をユーモア(皮肉たっぷり!?)と共にお送りします。 海軍、国防総省、ホワイトハウス勤務を経てマッキンゼーのコンサルタントになったトム・ピーターズと、ロバート・ウォーターマンが、6つの財務指標などで…
続きを読む
名言・格言

ボブ・マーリー(1)雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる

■ 同じ環境に置かれた人でも、感じ方によって等しくなくなる! Some people feel the rain. Others just get wet. 雨を感じられる人間もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。 (ボブ・マーリー) -------------------- 私が同じことを言っても、いつもよい方へ捉える人と、悪い方に捉える人がいます。クライアントからクレームを受けたのに、喜ぶ人と…
続きを読む
TOPへ