会計で経営を読む

(インタビュー)株主、家族と似ている 上場で何を伝えますか 糸井重里氏に聞く - ほぼ日刊イトイ新聞を運営する株式会社ほぼ日のジャスダック上場について

■ ほぼ日刊イトイ新聞って何? コピーライターの糸井重里氏が社長を務める「ほぼ日」が3月16日にジャスダック市場に上場します。ほぼ日は、「ほぼ日刊イトイ新聞」というウェブサイトを運営している会社で、一般的にはECサイトの範疇に入りますが、その運営スタイルは独自で、ほぼ日というジャンルであるとしかいえません。そんな会社・ウェブサイトを運営する糸井氏に上場や会社というものに対する思いを聞いたインタビュ…
続きを読む
TV番組レビュー

地方から奇跡のビジネス革命を起こした女性社長SP 糀屋本店 社長・浅利妙峰 気仙沼ニッティング 社長・御手洗瑞子 2017年3月2日 TX カンブリア宮殿

■ “飲む点滴”甘酒ブーム 老化を防ぐ?麹の力とは 今回の放送は、地方から女性の力で全く新しいビジネスを立ち上げた、そんなお話を2つ。 「塩麹に、甘酒...いま盛り上がる"麹"ブーム、火付け役は、大分の小都市の一人の女性だった!そして、被災地・気仙沼で支援ではない復興プロジェクト。奇跡のニット会社を立ち上げたのは若き女性!地方から革命的なビジネスを起こした二人の女性社長にスポットを当てる。」 (番…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(15)部下の自己実現を応援しなさい - 人はパンのみで生きるにあらず

■ マズローの段階欲求説に従って考えると? このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト マズローの欲求5段階説とは、「人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、より高次の階…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(14)部下は与えられたもの - 全員の戦力を最大に高めよ

■ 2:6:2の法則の中で課長ができることとは? このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト 部下は会社から課長に与えられたものです。天の采配です。その与えられた戦力を最大限生かして、いかに多くの仕事を上げるかが…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(13)君は、部下の人生にコミットする - 手塩にかけて育てなさい

■ 課長だけが、部下の成長にコミットできる職位である このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト 課長には部下を育成する責務が課せられています。本書では、部下の育成について次のようにまとめています。 1)部下本人…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(12)部下の仕事に手をつっこむ - 君は仕事の発注者だ

■ 課長だけが、部下の仕事に直接口を出せる職位である このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト この節は、課長という職位とは何かを考えさせる大事なものです。部長や担当役員、社長にはできずに、課長でないとできない…
続きを読む
原価計算(入門編)

原価計算の歴史 - 経営課題の変遷と原価計算技法・目的の対応について

■ 「ものづくり」の歴史と共に誕生・発達してきた原価計算 原価計算は、それを利用する企業の様々な原価観に基づいて、誕生・進化を遂げてきました。その道の大家、アドルフ・マッツは、「原価計算は、目的達成のための手段であり、それ自体、何らの目的も有しない」という言葉を残しています。われわれ、原価計算を学び、企業会計において実践する身としては、その原価計算をなぜやるのか、『目的』の理解にこそ意味があると心…
続きを読む
会計で経営を読む

ミスド500店 揚げる設備撤去 と セブン、全店舗に食洗機 が好対照なケースな件

■ 好対照な店舗戦略 まずはミスドから 同日の企業・消費面に2つの好対照の記事が並んで掲載されており、一人ほくそ笑みながら読んだ次第です。まずは、ダスキンの店舗戦略から見ていきたいと思います。同じフランチャイズチェーンの店舗戦略がこうまで非対称でかつ、並んで掲載されたことに、編集者の意図が皆無だったのか、非常に興味があります。(^^;) 2017/2/25付 |日本経済新聞|朝刊 ミスド500店 …
続きを読む
会計で経営を読む

(大機小機)シェアリングエコノミーと税制 - 税制のキャッチアップまでのギャップを逆手に取った先行者利益のビジネスモデルもありです

■ タックスプランニングは、国際税務の専売特許ではない! 一般的に、タックスプランニングの語は、①税効果会計における繰延税金資産の回収可能性を裏づける試算をすること、②税金コスト(主に法人税)を最小化するスキームを立案すること、この2つの意味合いのどちらかで用いられることが多い言葉です。今回は、②の意味をもっと延伸して、③各種税制を駆使して、課税コストの最小化を狙ったビジネスモデルを構築すること、…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(100)相手があなたを評価するかどうかは相手の課題です

■ 課題の分離ができる人は幸せだ! 陰口を言われても、嫌われても、 あなたが気にすることはない。 「相手があなたをどう感じるか」は 相手の課題なのだから。 ----------------------------------------------------- 私たちは、決して他人の感情や行動をコントロールすることはできません。それゆえ、できもしないことをできないと苦しむくらいだったら、最初から…
続きを読む
TOPへ