アーカイブ: 会計 - ページ 4

会計(基礎編)

包括利益計算書を斬る(2)

■ もしかしたら大物かもしれない「C/I」の2回目の説明 「前回」は、「包括利益計算書(C/I)」が、P/LとB/Sの間を取り持ち、自分自身の中にはどういうものが含まれているかについて説明しました。 新参者は、どの世界でも軽視されがちです。もしかすると、C/Iも大変重要な財務諸表なのかもしれません。ただ、当初は、人によってその評価・位置付けがバラバラであることが常です。今回も、C/Iは、世界各国の…
続きを読む
会計(基礎編)

包括利益計算書を斬る(1)

■ 大物でないのに3回に分けて説明します 「前回」まで、登場順に、P/L、B/S、C/F(C/S)と財務諸表(F/S)における大物3者を一回ずつの読み切りで説明してきました。ここにきて、「○○を斬る」シリーズは、3回にかけて「包括利益計算書(C/I)」を説明することにします。前3者に比べて、新参者のC/I、内容そのものの理解というより、表示のされ方の前提条件の説明からお話しなければならないので、追…
続きを読む
会計(基礎編)

キャッシュフロー計算書を斬る

■ 「キャッシュ・フロー計算書」の中身 「前回」は、「貸借対照表(B/S)」の説明をしました。今回は、「キャッシュ・フロー計算書(C/S)」の中身を見ていくことにします。 キャッシュ・フロー計算書は、B/SやP/Lに比べて、最近登場したばかりの「ひよっこ」なので、表示方法にもバリエーションがあり、分析手法もまだ確固たるものがありません。まだ発展途上の財務諸表なのだと理解してから解説をお読みください…
続きを読む
会計(基礎編)

貸借対照表を斬る

■ 「貸借対照表」の中身 「前回」は、「損益計算書(P/L)」の説明をしました。今回は、「貸借対照表(B/S)」の中身を見ていくことにします。 「貸借対照表」は、会社経営における大きな資金の流れの中で、「社外のどこから活動資金を調達してきたか」「調達してきた資金を使ってどんな財産を所有しているか」の明細表です。特徴としては、「調達資金」と「財産目録」の金額は一致するように計算するように仕組まれてい…
続きを読む
会計(基礎編)

損益計算書を斬る

■ 「損益計算書の中身」 「前回」まで、「財務諸表(F/S)」を全体概要の説明をしてきました。今回からは、ひとつひとつの財務諸表の中身を見ていきます。トップバッターは「損益計算書(P/L)」です。 「損益計算書」は、「儲けるために犠牲にしたもの(会社から出て行ったもの)と獲得したもの(会社に入ってきたもの)の差額」を「利益」として表示するためのものです。獲得したもの、犠牲にしたもの、それぞれ種類分…
続きを読む
会計(基礎編)

グループ名は『財務諸表』

■ 「会計帳簿」がそろい踏み 「前回」まで、会計帳簿として、登場順に、 「貸借対照表」 「損益計算書」 「キャッシュフロー計算書」 「株主資本等変動計算書」 「包括利益計算書」 「製造原価報告書(明細書)」 を説明してきました。 これで、いわゆる会社の様々な取引を「会計帳簿」の上に「会計取引」として記録する内容と、記録される帳簿が何を意味しているかを全て説明したことになります。 今回は、これまでの…
続きを読む
会計(基礎編)

今度は損益計算書の従兄弟が登場

■ 人気者の「損益計算書」には取り巻きが多いのです 前回まで、登場順に「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」「株主資本等変動計算書」「包括利益計算書」までご紹介しました。今回は、「損益計算書」の従兄弟として「製造原価明細書」を説明します。弟とか、従兄弟とか、「損益計算書」は会計帳簿の中でも産業革命以降、近年まで主役だったので、関係者が多いのだとご理解ください。 「製造原価明細書」は…
続きを読む
会計(基礎編)

損益計算書の弟誕生の秘密

■ 黒船がやって来て、弟が誕生した 前回まで、登場順に「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」「株主資本等変動計算書」という4つの会計帳簿を説明しました。このフレーズは今回も繰り返されます。 そうです。「損益計算書」の弟として、5つ目の会計帳簿である「包括利益計算書(ほうかつりえきけいさんしょ)」が今回の主役として登場します。 実は、「損益計算書」と合体させて、ひとつの会計帳簿とする…
続きを読む
会計(基礎編)

損益取引と資本取引の区別

■ 4番目の会計帳簿 - 「株主資本等変動計算書」 前回まで、登場順に「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」という3つの会計帳簿を説明しました。 今回は、4つ目の「株主資本等変動計算書(かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ)」の紹介をすることになります。まだ基礎編シリーズなので、この会計帳簿の名前にある「等(とう)」に含意されている概念はとりあえず説明を後回しにします。皆さんは、…
続きを読む
会計(基礎編)

第3の刺客 キャッシュフロー計算書 登場

■ キャッシュフローを見る必要性 前回、「信用取引」が行われた際の会計帳簿である「貸借対照表」と「損益計算書」の成り立ちを説明しました。会社が「どれくらい儲かったか」を見るために、2種類の利益の計算方法、「財産法」と「損益法」に対応するように、それぞれ「貸借対照表」と「損益計算書」が使用されることも学びました。どれくらい儲かったか計測したい期間の始まりと終わりの「貸借対照表」を差し引きしたり、どれ…
続きを読む
TOPへ