アーカイブ: 会計 - ページ 5

会計(基礎編)

損益計算書の進化

■ 現金商売から信用取引へ 前回は、「貸借対照表」を使って、財産の増え分から利益を計算する方法、「損益計算書」を使って、財産の増減を表す取引を漏らさず集計して利益を計算する方法、そしてこの2つの方法で計算される「利益」は原則一致することを説明しました。 理解のコツは、「資産(財産)」の増加分が「利益」という理屈なんだと肌で感じることです。 さて、玩具屋さんの経営を通して、みなさんは「利益」の計算方…
続きを読む
会計(基礎編)

その名は「貸借対照表」と「損益計算書」なり

■ 会計帳簿の本名 前回(「もうひとつの方法で利益を計算してみる」)までで、2つの会計帳簿を使ってそれぞれの方法で利益を計算してみました。「利益」は、「資産」の増加分だと説明しました。 「会計帳簿(その1)」は、その時点で会社が所有している「資産(財産)」を全て記録したものです。これを「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」といいます。「財産法」とか「資産負債アプローチ」という手法で「利益」を…
続きを読む
会計(基礎編)

もうひとつの方法で利益を計算してみる

■ 財産法の使い勝手 前回(「会計帳簿で利益を計算してみる」)、あなたは、「財産法」というやり方で、2つの時点(開業前と全ての支払い後)の間にいくら儲けることができたかを計算してみました。 このやり方には、欠点がいくつかあります(使い勝手が悪いという程度ですが)。 利益計算の手間に3ステップを必要とする 利益が増えた理由を分析できないケースがある 利益計算の手間のかかり具合をまず確認しましょう。も…
続きを読む
会計(基礎編)

会計帳簿で利益を計算してみる

■ 会社設立 - 玩具(おもちゃ)屋さんを始めました あなたは、一念発起し、喜ぶ子供達の笑顔が見たくて(当然お金儲けもしたくて)玩具屋さんを始めることにしました。この仮定のストーリーは会社設立から『儲け』=『利益』の計算まで、会計帳簿の上を動き回る会計数値の推移を一緒に追っかけるためのものです。 (『儲け』の計算方法 で、触れた「財産法」「資産負債アプローチ」でとりあえず利益計算をしてみます) 《…
続きを読む
会計(基礎編)

会計として記録される取引

■ 企業が直面する3つの市場 このシリーズの目的は、平易な解説で会計の基礎知識を会得(えとく)することです。そのためには思いきって単純化した説明が必要になります。 あなたが経営している(勤めている)会社は、下表にあるとおり、3つの市場との間で常日頃、商取引を行い、会計ルールに従って、会計帳簿(かいけいちょうぼ:預金通帳みたいなもの)にその取引を記録して、利害関係者(ステークホルダー)へ報告すること…
続きを読む
会計(基礎編)

会計報告のお作法

■ ディスクロージャー制度 「会計を報告するとは」にて、様々なステークホルダーに対して、ビジネス取引の前と後に会計報告がなされることは説明しました。しかし、会社規模が大きくなってくると、取引を始める前に「自社のこれまでに経営成績は斯々然々(かくかくしかじか)です」、取引が終わったら、「お陰様で自社の経営成績はこのような結果になりました」といちいち相手に報告していると、時間がいくらあっても足りなくな…
続きを読む
会計(基礎編)

利益情報の意味

■ やっと『儲け』から『利益』に言い換えられます 『儲け』は、会計の世界では『利益(りえき)』と言います。日本語としての「利益」の語源は、仏教用語で、「りやく」とも読みます。そもそも仏教では、「りやく」は「ためになること、他人を益すること、仏さまから与えられる恵み」といった意味で、善行の結果として得られるものだそうです。一方で、『功徳(くどく)』とは、「善行を施すことによって、その人に備わる徳」の…
続きを読む
会計(基礎編)

『儲け』の計算方法

■ そもそも最初は『儲け』をどうやって計算していたか 人類の経済活動の発展の推移にしたがって会計の技法も進化してきたことは「会計の歴史」でも触れました。そこでは、本格的なビジネスは大航海時代における冒険商人たちの一回限りの新大陸への航海に始まったと説明しました。新大陸と往復した航海のひとつひとつを単独のビジネスとして、一航海あたりの『儲け』を計算していたのでした。 『儲け』を計算する期間は、始まり…
続きを読む
会計(基礎編)

会計を報告するとは

■ どうして報告する必要があるのか 会社を経営していくにあたり、いろんな人たちと一緒に仕事をしていきます。個人商店でもデイトレーダーでも、必ず誰かと商売上の取引についてコミュニケーションをする必要があります。私は、会社経営とは「互恵(ごけい)取引の束(たば)」と思っています。他人のことを考えて、その人のために何かをしてあげます。その見返りとして、相手はお金をくれるか、仕事を手伝ってくれるか、品物や…
続きを読む
会計(基礎編)

会計の歴史

■ 『会計』の語源 「会計(かいけい)」とは、そのまま素直に読んでいただくと、漢字で表記されていますので、中国から輸入された言葉ということが分かります。漢字はいわゆる「表意文字」ですので、それぞれの文字そのものに意味があります。「会」とは、「増える」の意で、「計」とは「正しく言う」の意味だそうです。このウンチクは、会計を学んで十数年経った後に知った時にはかなり衝撃を受けました。なぜかというと、あま…
続きを読む
TOPへ