アーカイブ: 本レビュー - ページ 3

本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(69)共同体感覚の高低と活動性の有無のマトリックスで人を4つにタイプ分けすると?

■ 人のライフスタイルを分類してみました 自分のことばかり考えてはいないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、 これらの人は幸せになることができないだろう。 ----------------------------------------------------- アドラーは1933年に、人のライフスタイルを次のように分類するフレームワークを発表しています。コンサルタントたる自分から見ると、軸…
続きを読む
本レビュー

「カント オロワ ヤク ノ アランケプ シネプ カ イサム」 ゴールデンカムイより

■ ブックカバー見返しに記されている言葉の意味とは? 遅ればせながら、2015年度コミックナタリー大賞・第2位、「このマンガがすごい! 2016」(宝島社)オトコ編・第2位、「マンガ大賞2016」大賞受賞作の「ゴールデンカムイ」単行本既刊を一気読みしました。手塚治虫先生の大作である「ブラックジャック」のようなアウトロー・ヒーロー要素と、「火の鳥」のような生命賛歌を同時に味わうことができる作品です。…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(68)共同体感覚を持ち合わせば人は幸福になれる!

■ 共同体感覚を持つための心の準備とは? 「他者は私を援助してくれる」 「私は他者に貢献できる」 「私は仲間の一員である」 この感覚がすべての困難からあなたを解放するだろう。 ----------------------------------------------------- アドラーによれば、「共同体感覚」を心の中に養うことで、人生における大半の悩みは解消し、すべての困難から解放される、と…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(67)誰も他人を尊重しない。じゃあ、あなたから始めれば?

■ 主体的に他人に与える喜びを持つことが幸福感につながる 誰かが始めなければならない。 見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、 「あなたから」始めるのだ。 ----------------------------------------------------- 利己的な行動は、本当に自分にとって有利なのか? そして、利他的な行動は全て自分にとって不利になるのか? 自分の力だけでできること…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(66)他者に対する貢献こそ自分の居場所を作る!

■ 「共同体感覚」を持つことが幸福感につながる 自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。 受け取るよりも多く、相手に与えること。 幸福になる唯一の道である。 ----------------------------------------------------- アドラーとその高弟ルドルフ・ドライカースは、人間が幸福になる道は、「共同体感覚」を持ち合わせることと説きました。「共同体感覚」は、…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(65)この体験を通じて相手が何を学びとれるかを想像してみよう!

■ しつけや育成に迷った時は? 人の育て方に迷った時は、自分に質問するのだ。 「この体験を通じて、相手は何を学ぶだろうか?」と。 そうすれば、必ず答えが見つかるだろう。 ----------------------------------------------------- 本書にて、次のような事例が紹介されています。 子供と母親が、「おもちゃをきちんと片づけないと、次の日はおもちゃで遊べない」…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(64)優しくするのと甘やかすのとは違う!

■ 甘やかしは寄生生物(パラサイト)を生み出してしまう! 「この子は言葉を覚えるのが遅いので……」 と母親が子供の通訳を買って出る。 すると子供は、自分で話す必要がなくなり、 本当に言葉が遅くなるだろう。 ----------------------------------------------------- 子供を持つ親なら、一度は感じることだと思いますが、子供に苦労をかけたくないと、先回り先…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(63)結末を体験させて気付かせる

■ 罰を与えず、不自然な論理的結末を体験させて気付かせるのだ! 罰を与えるのではない。 結末を体験させるのだ。 子供が食事の時間になっても帰ってこなければ、 一切叱らずに食事を出さなければよい。 ----------------------------------------------------- アドラー心理学が、「叱らない」しつけ論を唱えても、それに代わる方法論を教えてもらわないと、それに…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(62)任せるからできるようになるのだ!

■ できるようになってから任せるのではなく、任せるからできるようになる! 人は失敗を通じてしか学ばない。 失敗を経験させ、 自ら「変わろう」と決断するのを見守るのだ。 ----------------------------------------------------- アドラー心理学では、結末を体験させることを教育の要としています。もしも、子供が片付けをしようとしない場合、叱りつけ、宥めすか…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(61)他人と比較しない。自己ベスト更新を褒めるんだ!

■ 比較されると自尊心が傷つき、劣等感を補償しようとする! 他人と比較してはいけない。 ほんのわずかでも、できている部分を見つけ、 それに気づかせることが重要だ。 ----------------------------------------------------- 「A子ちゃんを見習いなさい!A子ちゃんに比べてどうしてあなたはお行儀が悪いの?」 他人と比較して、子供や部下を叱った経験はありま…
続きを読む
TOPへ