アーカイブ: 所感 - ページ 4

所感

トーク力か共感力か?

■ どうしてそんなに話せるの? ここ最近、クライアント先でのセッション、社内教育トレーニングとか社外の一般セミナーなどで、講師や会議のファシリテーションを拝命することが多くなっています。一つのセッションや、セミナーで必ず一つ以上の「笑い」(ジョークとか受け狙いとか)をとることを必達目標にしています。 受講者とか、クライアントの参加メンバーからよく聞かれるのが、「どうしてそんなに話せるの?」という素…
続きを読む
所感

脚本家・加藤 陽一 2015年3月22日 クリエイター体験講座 AnimeJapan 2015

■ シナリオを描く前にコンセプトを共有する すでにカミングアウトしている通り、アニオタ親子なので、中学生の息子と東京ビックサイトで年一回催される「AnimeJapan 2015」に今年も行ってきました。 私は、アニメに接する際に3つの視点を持っています。 ① 純粋にアニメ作品を鑑賞するのが好きなファンの視点 ② クールジャパンの格好の商材としてどのように海外市場に拡販していくか、 アニメ制作工程の…
続きを読む

馬から落馬

■ 重言の許容範囲 ・お金を入金する ・今の現状 ・今朝の朝刊 ・そもそもの発端 無意識によく使います。 WiKiでは、慣用上許容されているという「一番最初」も、MS-Wordを使用してブログ記事を書いていると、あの青い波線が下線表示されます。 2020年の東京オリンピックを控えて、標識などが刷新中ですが、 「荒川」は「Arakawa River」、 「六本木通り」は「 Roppongi-dori…
続きを読む

ROEとマックス・ヴェーバー

■ 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』 マックス・ヴェーバーは、その著書で、 「プロテスタンティズムの宗教倫理の存在が、エートスとして西欧の人々に心理的禁欲をもたらし、そしてそれが行動として倹約や質素な生活として現れた。こうして、結果としてお金が蓄積され、資本主義が成立した。このことから、プロテスタンティズムの倫理こそ「資本主義の精神」である」 とした。 つまり、「質素・倹約」が目的で…
続きを読む

TOPPAN 2014年12月11日 日経新聞広告(朝刊12面)より

■ 環境配慮型容器 カートカン 木を切らない、という森林破壊があります。 日本の人工林が危ない。木材価格の低迷で林業経営が厳しくなり、間伐などの手入れがされない荒廃林が問題となっている。密集して陽が差さない森は、地面にした草が生えず、大雨による土壌流出や山崩れの危険も・・・。 「作りたいのは容器ではなく、それを使い続けられるシステムなのです。」
続きを読む

配賦

■ 配賦 「正しい」配賦は実行しえない。ほとんどの人が納得できる「配賦」ならできる可能性がある。しかし、全員が納得する「配賦」をすることはできない。「配賦」は報われることの少ない作業。やらないで済むならあまりやりたくはない。
続きを読む

キャッシュフロー・マージン

■ キャッシュフロー・マージン キャッシュフロー・マージン(1) = (営業キャッシュフロー) ÷ (売上高)キャッシュフロー・マージン(2) = (フリーキャッシュフロー) ÷ (売上高) (1)でも(2)でも、分子が「現金主義」で分母が「実現主義」で計算されているので、この比率自体は無意味。 さらに、(2)の場合は、分子に設備投資や投資有価証券の売買額が加味されているので、全く売上とは無関係。…
続きを読む

DOE(株主資本配当率)

■ DOE(株主資本配当率) DOE(株主資本配当率) = (配当金) ÷ (当期純利益) × (当期純利益) ÷ (株主資本) = (配当性向) × ROE DOEは、ROEより上位指標だから、より高級な財務指標で使い勝手あるかもと一瞬思えた。 でも、実績ベースだと、配当金が支払われるタイミングでないと計算できない。 実績を確認するタイミングが少ないので、活用する時期の選択が難しい。
続きを読む
TOPへ