アーカイブ: TV番組レビュー - ページ 11

TV番組レビュー

理想の住まい探しはお任せ! 東京R不動産・吉里裕也・馬場正尊 2015年4月16日OA TX カンブリア宮殿

■ 不動産業界に新風起こす革命児たち 単なる町の不動産屋ではありません。 こだわりの住空間・住環境と、これまたこだわりを持った住人とのマッチングサイトの運営をしています。 通常なら、最寄り駅は、築何年、駅から何分、間取りは、家賃は、という感じでの物件紹介・検索になりますが、ここのサイトでは、 カテゴリが、 「レトロな味わい」 「眺望GOOD」 「水辺/緑」 などなど。 各物件の紹介が、 「緑一色の…
続きを読む
TV番組レビュー

“時間”にこそ価値がある! キュービーネット・北野 泰男 2015年4月2日OA TX カンブリア宮殿

■ 1700万人を魅了する時短ビジネスの全貌 お客様が本当に欲しいモノに絞り込んで、いいモノを安く、を実現する。QBネットは理容業で”ヘアカット”だけに絞り込んだ。時短にトコトンこだわって、スタイリストのトレニーング、動線チェックを繰り返す。 究極的には、独自設備の改善・開発にまで踏み込む。鏡と脇棚の角度を°にして、スタイリストが作業を止めずにハサミを持ち替えることを発見。切った髪の後始末も備え付…
続きを読む
TV番組レビュー

小児外科医・山髙篤行 2015年3月16日OA NHK プロフェッショナル 仕事の流儀より

■ 恐れの先に、希望がある 教科書通りの治療では治らない病から命を救うのが使命。 どこに行くにも今抱えている書類を常に持ち歩く。 「四六時中考えているわけですよ、病気を治すために。それが気になってさ、頭から離れないのよ」 『常に臆病であれ』 「大きい手術は怖い。怖いから勉強する。手術をキメられるかキメられないかって大きな要因は、一番は手術の前の準備。9割が手術の前の準備で決まっていて、手術は変な話…
続きを読む

食品スーパー経営者・佐藤啓二/澄子 2015年3月2日OA NHK プロフェッショナル 仕事の流儀より

■ ふたりの約束 魂の惣菜 ・一人のお客様を幸せにする それが第一歩 - 目の前のお客様を満足させる。目の前の仕事を完結させる。ひとつひとつができないと、その後ろに広がるみんなを幸せにできない。 ・客の笑顔を思い浮かべる - お客様の気持ちを考える。どうしたら喜べるのか?真逆の視点からは見えないものも見えてくる。 ・常に「きちっと」  - 「やれること」はすべてやる。とことんやる。毎日の天気と客足…
続きを読む

山形から全国へ!究極のおいしさ目指す“食のブランド” セゾンファクトリー・齋藤 峰彰 2015年2月19日OA TX カンブリア宮殿

■ 洗練を育む地道な努力  「本当のおいしさは生産者への敬意で決まる」 家業の醤油醸造蔵がある理由で廃業。一斗缶でジャムづくりをスタート。 社長自ら、生産農家を訪ねて、生産者の物語を頭に叩き込む。 最高の産地の最高の品質の素材を求める。 最初は地元・山形にこだわったけど、お客様に最高の商品を提供することを優先して、 今は、山形・国内・海外が、4:4:3。 本当の素材のうまさ。それは素材の…
続きを読む

コンシェルジュ・阿部佳 2015年2月16日OA NHK プロフェッショナル 仕事の流儀より

■ もてなしの心、どこまでも ・お客様にきちんと向き合うのではない。お客様と同じ方向を向く - 何かをやってあげる、質問に応答するのではない。お客様がどうしたいのか、一緒に探すだけ。 ・言葉の向こうの、「心」を読む  - お客様の口から出る言葉だけでなく、やり取りの中での表情の微妙な変化、お客様の状況(ビジネス、観光、一人、家族、既に観光済みの場所、住んでいる場所、職業など)から、本当の「望み」を…
続きを読む

世界を塗り替える! 関西ペイント・石野 博 2015年1月29日OA TX カンブリア宮殿 

■ 脱・自前主義  「独りよがりを捨てることが目的達成の近道」 三菱商事から海外事業担当として、関西ペイント前社長によりスカウトされる。 社長自ら、毎朝朝刊各紙に目を通して、新商材・新商談のアイデアが思いついたら即時開発担当者へ連絡。 自前にこだわらない。 サウジのゼネコンとは、出資比率40%で業務提携。メッカ巡礼施設(礼拝堂)の増改築時の塗料を独占供給。 南アフリカでは現地トップメーカ…
続きを読む

正真正銘のオンリーワン 日プラ・敷山哲洋 2015年1月15日OA TX カンブリア宮殿 

■ 世界の水族館から注文殺到!81歳・職人社長の驚きの仕事術  「一歩先を考えることがオリジナルを生む」 当時勤めていた化学繊維会社が「水槽用大型アクリルパネル」の注文を断れと指示。どうしても手がけたい敷山氏は独立して受注。 他大手企業は、厚みのあるアクリル板を開発。一方で、日プラは、3cmのアクリル板を独自の接着技術で何層にも重ねて、かつ比類なき透明度を誇る。 自社が切り開いた水槽用大…
続きを読む

自動車エンジン開発・人見光夫 2015年1月12日OA NHK プロフェッショナル 仕事の流儀より

■ 振り切る先に、未来がある ・生き残るために頂点に挑む ・逃げ道を断ってこそ、アイデアは生まれる ・アイデアを出さざる者、技術者にあらず 「プロフェッショナルとは?」 「自分のやっている領域で、理想像、究極の姿が描ける。  そして、理想に向かって道のりが描ける。  そういう人のことだと思います。  そして確実に、理想に向かって進歩できる、  まあそういう人じゃないですかね。」 --…
続きを読む

脅威のエボラ、英知をかけて挑む ウイルス学者・高田礼人 2015年1月5日OA NHK プロフェッショナル 仕事の流儀より

■ やるべきことを淡々と 「プロフェッショナルとは?」 「どんな仕事でも、それは自分以外の誰かのために役に立っているものだと思うんですよ。だからそのために、自分のできることとか、自分のオリジナリティをちゃんと活用している人だと思います。」 ----------------…
続きを読む
TOPへ