アーカイブ: 経済動向を会計で読む - ページ 3

経済動向を会計で読む

日本の消費財市場はノーマル化したのか? - バーバリー、メントス、イソジン、ナビスコで考える 日経新聞まとめ

■ 相次ぐ提携解消話に、日本の消費財市場のノーマライゼーションを考える ここ最近、外資の消費財ブランドと日本のメーカー・販売店との提携解消のニュースが続いております。そこで、1件1件の経緯を新聞報道レベルで振り返り、あぶりだされた共通項で、日本の消費財市場のノーマライゼーションがどれくらい進展していると思われているのかについて考察してみたいと思います。 (それぞれの提携解消話の裏話は一切しませんの…
続きを読む
経済動向を会計で読む

株の自主運用認めず GPIF巡り社保審 政府・与党で最終判断へ  - せっかく整理記事を作成したのに見送りですか?

■ 結構手間暇かけてGPIFの株式自主運用の話をまとめたのですが。。。 朝刊を読んで、、、下記の解説記事が本当の参考資料になってしまいました。GPIFの株式自主運用見送りの本当の理由が知りたいものです。 ⇒「「企業支配」の懸念焦点 公的年金の株直接投資解禁 銀行並み上限5%案 - GPIF改革によせる利害関係者からの期待と批判 日本経済新聞より」 2016/2/9付 |日本経済新聞|朝刊 株の自主…
続きを読む
経済動向を会計で読む

「企業支配」の懸念焦点 公的年金の株直接投資解禁 銀行並み上限5%案 - GPIF改革によせる利害関係者からの期待と批判 日本経済新聞より

■ 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式の直接投資を始める! GPIFが自身の判断で直接株式の売買・保有ができるように法改正を行おうという動きがあります。アベノミクスによる株価維持・向上策の一環として、次の矢を放とうとしています。 2016/1/27付 |日本経済新聞|朝刊 「企業支配」の懸念焦点 公的年金の株直接投資解禁 銀行並み上限5%案 「厚生労働省が検討している年金積立金管理運…
続きを読む
経済動向を会計で読む

(経済教室)軽減税率を考える(下) 所得分配の平等に逆行 政策考える責任放棄 加藤淳子 東京大学教授

■ 「軽減税率」導入は「ポピュリズム」以外の何物でもない! 政府も企業も、ある政策(施策)を通すのに、どう国民・社員/顧客に受け入れてもらえるかを考えるのは普通のことです。政策を通すのに各メンバーに協力してもらわないと、その組織は立ち行かなくなりますから。 2016/1/27付 |日本経済新聞|朝刊 (経済教室)軽減税率を考える(下) 所得分配の平等に逆行 政策考える責任放棄 加藤淳子 東京大学教…
続きを読む
経済動向を会計で読む

(真相深層)「結局は増税?」企業警戒 国際課税新ルール、強まる懸念 主要国、はや足並み乱れ -国際税務の超入門

■ 国際税務の話は難しい? 初心者向けの説明をします。だって筆者も初心者だから! 国際課税の新ルールが昨年秋にG20で設定され、早速、各国の足並みがそろわずに、企業の税務担当者がお困りのようです。この投稿では、できるだけ初心者にもそのカラクリと大勢の流れを、筆者の勉強がてら、一緒に確認していきたいと思います。 2016/1/22付 |日本経済新聞|朝刊 (真相深層)「結局は増税?」企業警戒 国際課…
続きを読む
経済動向を会計で読む

日銀がマイナス金利 緩和政策、新局面に 物価2%目標先送り

■ 「アナウンスメント効果」狙いのマイナス金利 - 実質的なインパクトは薄い!? 政府・日銀や企業が世間に政策・戦略の変更を発表する場合、実態的な変化をもたらす(であろう)施策の公表によってステークホルダーの協力を仰ごうとする場合と、印象付けによりムードに変化をもたらし、その果実を得ようという場合があります。今回は後者であると推察しています。そういうのは、株価政策にも多用されるのですが、「アナウン…
続きを読む
経済動向を会計で読む

(大機小機)経済学の怠慢  - 経済学と会計学の利益概念の違い

■ 絶対に目を通すいいこと言っているコラムなんですがね。。。 日本を代表する新聞記者はそれこそ、一流企業の法学部、経済学部、商学部他の文系学部で優秀な成績を修めないとなれないのでしょう。しかし、他の学問分野との横断的知識の習得とか、学際的な知見の習得についてはまだ少し足りないのかもしれません。コラム記事に「横ヤリ」と署名が入っているので、もし筆者のコメントに誤解がありましたら、是非このブログまでご…
続きを読む
経済動向を会計で読む

(経済教室)分断危機を超えて(5)企業と現場、相互信頼カギ 調整・設計、強み一段と 藤本隆宏 東京大学教授

■ 日本の製造業の特徴は、強い現場と弱い本社のバランスと喝破した藤本氏の新たな論説を読み解きます 自動車メーカーの生産現場研究で著名な藤本氏。皆さんも、「モジュラー型」「すり合わせ(インテグラル)型」のものづくり、といった言葉をご存知だと思います。日本の製造業は、自動車エンジンのように、すり合わせ型のものづくりが、組織内の暗黙知を中心とした密接なコミュニケーション力を生かして強かった。一方で、イン…
続きを読む
経済動向を会計で読む

20県、本社移転で税優遇 長野は法人事業税95%減

■ タックス・インバージョンと企業誘致合戦の行く末 あなたは、「地方創生」の美名のもと、地方自治体が企業誘致目的の減税を約束することをどう思いますか? また「ふるさと納税」についてはどう思いますか? ある程度の年齢の方は、「国土の均衡ある発展(国土形成計画法:昭和25年)」という言葉に記憶があるかもしれません。最近、国家間の法人減税合戦が激しくなり、日本も法人税の減税スタンスを強めてきました。 2…
続きを読む
経済動向を会計で読む

金融知識、知らぬは損 クイズに挑戦! 日本経済新聞より

■ M&I(マネー&インベストメント)に掲載されていたクイズをご紹介! 2015年12月30日の日本経済新聞の16面に掲載されていた、あなたの金融知識を問うクイズをご紹介します。問題そのものは転載になりますが、解答の解説は筆者独自色を出して、ディープだけどできるだけ分かりやすいものにしたいと思います。でも、経営管理とか管理会計に結び付けて解説しますよ! ちなみに、この紙面は電子版の記事検索…
続きを読む
TOPへ