アーカイブ: 経済動向を会計で読む - ページ 6

財務責任者 大学で育成 一橋大が日本取引所とCFO講座 講師に有力企業トップ、稼ぐ力を高める

■ CFOは教育機関の教育で育成できるか? 日経新聞(夕刊)の一面に、CFOを大学で育成するという記事が掲載されました。 「一橋大学は日本取引所グループと協力し、企業の最高財務責任者(CFO)を育成する。CFOは資金の調達や使途など財務戦略を統括する役職で、最近は投資家との対話や資本効率の向上など幅の広い役割が求められている。一橋大などは企業の稼ぐ力を高めるには優秀なCFOの育成が不可欠だと判断し…
続きを読む

(目覚める資本 運用立国への道 関係者に聞く(下))年金が安定保有の中核に コリン・メイヤー氏 英オックスフォード大学教授

■ これまでの最近の投稿記事のまとめ 日経新聞の連載企画で、「目覚める資本 運用立国への道-関係者に聞く」の中に、コリン・メイヤー氏(英オックスフォード大学教授)のインタビュー記事内の記述に、最近の筆者の投稿記事との関連する点がいくつかあったので、最近の筆者の投稿のまとめとして今回取り上げました。 氏のインタビューは、「銀行との株式の持ち合いが解消され、経営が市場の圧力にさらされるようになるなど、…
続きを読む

老舗企業も株主優待 コマツとリコー、上場66年で初導入 個人の長期保有促す

■ 株主優待制度を始める理由 老舗企業も株主優待制度を新設するケースが相次いでいるとして、7社の老舗企業が列挙されていました。新聞記事では、「比較的短い期間で株を売買しがちな外国人株主の比率が高まる中、長期にわたり保有してくれる個人株主を増やす狙いだ。」とあります。 2014/11/20付 |日本経済新聞|夕刊 老舗企業も株主優待 コマツとリコー、上場66年で初導入 個人の長期保有促す(注)日本経…
続きを読む

投信成績分かりやすく 通算損益を通知・報告書に簡易版

■ 12月に改正法施行 改正投資信託法が12/1に施行され、投信の規制が大きく変わることとなりました。今回は、規制対象となる「投資信託」と「株式」の違いを会計知から見てみたいと思います。おかしいですね、投資信託には株式が含まれているはずなのに、何を比較したいのか、、、後で判明します。 2014/10/27付 |日本経済新聞| 朝刊投信成績分かりやすく 通算損益を通知・報告書に簡易版(注)日本経済新…
続きを読む

風速計 ベンチャー上場 もろ刃の種類株

■ 「アリババ」NYSE上場から議論が盛り上がる 今回も、小稿でしたが、「ベンチャー企業の上場を増やすために創業者の権利を優遇すべきかどうか」についての議論が本格化してきたことを取り上げた記事についてコメントしたいと思います。 2014/10/27付 |日本経済新聞|朝刊 風速計 ベンチャー上場 もろ刃の種類株(注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが、一旦上…
続きを読む

「税逃れ」規制を欧米が強化 多国籍企業、漂う海外戦略

■ 悲喜交々「タックス・インバージョン」に翻弄!? 本ブログで最初に取り上げたのは、「グローバルオピニオン 米法人税の改革が必要」でしたが、それ以来、特にここ最近、「タックス・インバージョン(納税地変換)」の新聞記事がやたら目につきます。 2014/10/21付 |日本経済新聞|朝刊 「税逃れ」規制を欧米が強化 多国籍企業、漂う海外戦略 (注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じて…
続きを読む

欧州委、アップル税優遇は違反 アイルランド税制巡り

■ タックスプランニング包囲網 欧州連合(EU)が、加盟国のアイルランドへの米アップル社に適用してきた法人税の優遇措置について、公正な競争条件を整えるEUの規定に違反しているとの見解を明確に示しました。 2014/10/1付 |日本経済新聞|朝刊 欧州委、アップル税優遇は違反 アイルランド税制巡り この当局の動きは米国でも同調されている模様です。 2014/10/1付 |日本経済新聞|朝刊 租税回…
続きを読む

自社株買い高水準 上期、6年ぶり 資本効率を重視

■ 自社株買いは単なる株価操作か 上場企業の2014年度上期(4~9月)の自社株買いが、1兆8500億円と半期で08年度上期以来6年ぶりの多さになったそうです。 2014/9/23付 |日本経済新聞|朝刊  自社株買い高水準 上期、6年ぶり 資本効率を重視(注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが、一旦上記リンクで同社TOPページに飛んでいただき、上…
続きを読む

国際企業、税逃れ歯止め OECD指針 グループ取引報告義務

■ グローバル課税強化の流れ 『ダブルアイリッシュ』『ダッチサンドイッチ』など、様々な国際税務的な節税対策が有名になりましたが、世界(あくまで経済先進国の間)では、規制強化の流れが強まっています。 (参考ブログ記事はこちら) 2014/9/17付 |日本経済新聞|朝刊 国際企業、税逃れ歯止め OECD指針 グループ取引報告義務(注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手…
続きを読む

ゼミナール 企業統治の新時代(5) 機関投資家に行動原則

■ アベノミクスの落し子 日本版スチュワードシップ・コード  2014/9/8付 |日本経済新聞|朝刊 経済教室 ゼミナール 企業統治の新時代(5) 機関投資家に行動原則 まず、金融庁が公表している7つの日本版スチュワード・コードをご覧ください。 (「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~(PDF:384KB)←…
続きを読む
TOPへ