アーカイブ: 実務で会計ルールをおさらい - ページ 5

会計初心者にでもわかる原油安による在庫評価損のカラクリ

■ 石油元売りや商社の減益決算発表を受けて 原油安による資源関連企業の減益発表記事が目につくようになりました。大抵は、棚卸資産評価損(売上原価または特別損失)、または関連固定資産の減損(特別損失)によるものです。 在庫評価損については何回か投稿しています。 ⇒「神戸鋼、今期経常益 予想上回る850億円」 ⇒「JX、経常益3割減 今期 原油安で在庫評価損」 今回は、簡単なモデルを使って、その評価損認…
続きを読む

丸紅、原油安で損失1600億円 今期純利益48%減(2)

■ 減損と資産価値の関係 「前回」は、丸紅が減損損失を認識せざるを得なかった理由と、減損損失が認識される会計的数字の動きを説明しました。「今回」は、減損損失の金額をどうやって把握するか、という視点で説明していきたいと思います。 2015/1/27|日本経済新聞|朝刊 丸紅、原油安で損失1600億円 今期純利益48%減 2015/1/27|日本経済新聞|朝刊 丸紅、海外投資戦略に狂い 1600億円減…
続きを読む

丸紅、原油安で損失1600億円 今期純利益48%減(1)

■ いきなりでかつ多額すぎる!?減益報道 OPEC主導の原油安が総合商社の減益予想報道をまたまた引き出してきました。こういうショックを引き起こす理由は、会計的には、いわゆる「減損会計」という損失の認識方法にあります。 2015/1/27|日本経済新聞|朝刊 丸紅、原油安で損失1600億円 今期純利益48%減 (注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが、一旦上記…
続きを読む

(経済教室)国際会計基準の展望(下) 「のれん」処理、日本型は妥当 西川郁生 慶応義塾大学教授 

■ IFRSと米国基準 日本基準(修正国際基準) 「のれん」の定期的償却の是非について、議論が再燃しているとのこと。日本企業によるIFRSへの大きな移行理由のひとつが、「のれん」償却の有無です。 2015/1/15|日本経済新聞|朝刊 (経済教室)国際会計基準の展望(下) 「のれん」処理、日本型は妥当 西川郁生 慶応義塾大学教授 (注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。…
続きを読む

予想1株利益の算出法、26日から変更 「発行済み」から自社株除外 市場の実勢などを反映

■ 1株利益の予想値の計算方法が変わります 日本経済新聞社は、2015年1月26日から、「予想1株利益」の算出方法を変更することがアナウンスされました。 2015/1/14|日本経済新聞|朝刊 予想1株利益の算出法、26日から変更 「発行済み」から自社株除外 市場の実勢などを反映(注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが、一旦上記リンクで同社TOPページに飛ん…
続きを読む

(エコノフォーカス)法人税改革、ばらつく影響 高収益企業に恩恵、目先は減益要因も 配当課税、銀行に打撃

■ 法人税実効税率引き下げが目先の減益要因に 「将来の減税が今期の当期純利益を減らす」 こういうことが現在の制度会計(財務会計)では普通に発生します。いわゆる「税効果会計」の影響によるものです。 2014/12/29|日本経済新聞|朝刊 エコノフォーカス 法人税改革、ばらつく影響 高収益企業に恩恵、目先は減益要因も 配当課税、銀行に打撃(注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じてい…
続きを読む

JX、経常益3割減 今期 原油安で在庫評価損

■ 素材産業の在庫評価損に着目(しつこいですか?) 「前回」は、神戸製鋼のIRスタンスから、在庫評価損に関する言及もしました。今回は、同じく素材産業であるJXホールディングスの在庫評価損に関する面白い表現を取り上げます。新聞記事によると、「JXホールディングスの2015年3月期の連結経常利益は2000億円弱と前期に比べて3割強減少する見通しだ。従来予想は19%減の2450億円だった」とあり、こちら…
続きを読む

神戸鋼、今期経常益 予想上回る850億円

■ 今回は神戸製鋼の決算見通し記事から 「前回」は、JFEのIRスタンスへのコメントでしたが、引き続き神戸製鋼のIRにもコメントしていきます。ベースとなった新聞記事によると、「神戸製鋼所の業績が回復している。2015年3月期通期の連結経常利益は、前期比6%減の800億円としていた従来予想を上回り、前期比横ばいの850億円程度に改善する見通しだ」とあります。 2014/10/30付 |日本経済新聞|…
続きを読む

JFE、一転10%増益 4~9月

■ 減益だった従来予想から一転増益へ 新聞記事によると、「JFEホールディングスの2014年上期の連結決算は純利益が前年同期比10%増の523億円だった。16%減の400億円としていた従来予想から一転、増益となった」という記述に目がいき、業績予想が難しかった理由を分析しようと、各種資料にあたり始めたところ、いろいろと気になる点がでてきました。原材料価格の変動、為替の変動など、要素を洗い出し、外部開…
続きを読む

大機小機 国際会計基準より大事なこと

■ 国際会計基準より大事なことを是非、教えてください コラム記事は、コラムニストの思い入れがあるため、コラム記事へのコメントは慎重にしないと、炎上する恐れがあります。今回は、なるべく筆勢(ひっせい)を抑えてコメントします(できるかな?)。 2014/9/11付 |日本経済新聞|朝刊 大機小機 国際会計基準より大事なこと(注)日本経済新聞の記事へ直接リンクを貼ることは同社が禁じています。お手数ですが…
続きを読む
TOPへ