経営管理会計トピック

将来の収益性で計算なら…非上場株の減額認めず 最高裁、株主訴え認める M&A、算定法統一へ

■ 裁判所が「収益還元法」の計算メソッドを決定することが本当にできるのか? 「食品卸のセイコーフレッシュフーズ(札幌市)が2012年に吸収合併した道東セイコーフレッシュフーズの株主が、所有する株式を買い取るように請求。合[…]

もっと読む

(私の履歴書)重久吉弘(14)プロジェクト管理 2015年2月15日 日経新聞(朝刊)より

■ コストと人員無駄省く 新手法クウェートから実践 今回は、人気コラムから、プロジェクトマネジメントにおけるコストの基本的な管理手法について説明します。 2015/2/15|日本経済新聞|朝刊 (私の履歴書)重久吉弘(1[…]

もっと読む

(経済教室)国際会計基準の展望(下) 「のれん」処理、日本型は妥当 西川郁生 慶応義塾大学教授 

■ IFRSと米国基準 v.s. 日本基準(修正国際基準) 「のれん」の定期的償却の是非について、議論が再燃しているとのこと。日本企業によるIFRSへの大きな移行理由のひとつが、「のれん」償却の有無です。 2015/1/[…]

もっと読む

(エコノフォーカス)法人税改革、ばらつく影響 高収益企業に恩恵、目先は減益要因も 配当課税、銀行に打撃

■ 法人税実効税率引き下げが目先の減益要因に 「将来の減税が今期の当期純利益を減らす」 こういうことが現在の制度会計(財務会計)では普通に発生します。いわゆる「税効果会計」の影響によるものです。 2014/12/29|日[…]

もっと読む