アーカイブ: 経営管理会計トピック - ページ 45

ゼミナール 企業統治の新時代(5) 機関投資家に行動原則

■ アベノミクスの落し子 日本版スチュワードシップ・コード  2014/9/8付 |日本経済新聞|朝刊 経済教室 ゼミナール 企業統治の新時代(5) 機関投資家に行動原則 まず、金融庁が公表している7つの日本版スチュワード・コードをご覧ください。 (「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~(PDF:384KB)←…
続きを読む

グローバルオピニオン 米法人税の改革が必要

■ インバージョン(納税地変換)も立派な企業戦略のひとつ   2014/9/8付 |日本経済新聞|朝刊 (グローバルオピニオン)米法人税の改革が必要 米ハーバード大教授 マーチン・フェルドシュタイン氏 企業にとって、タックスプランニングも企業価値向上に有効な手段となっています。特にグローバル展開されている企業にとっては、各国の税制や税率の違いにより、グループ内の商取引の形態やル…
続きを読む

運転資金1500億円圧縮 日立、投資余力を高める

■ キャッシュ・コンバージョン・サイクル とは?  日立製作所が新しい経営指標を導入したという記事が掲載されました。 2014/9/6付|日本経済新聞|朝刊 運転資金1500億円圧縮 日立、投資余力を高める 日立が「キャッシュ・コンバージョン・サイクル(Cash Conversion Cycle:CCC)」を新規導入したということですが、ここでは一般的な計算式をおさらいしておきます。 こ…
続きを読む

「のれん」会計、見直しも

■ 同床異夢? それともコンバージェンスへの流れが復活!? 昨日の日経新聞朝刊の「迷える修正国際基準」の記事掲載の翌日にこのようなフーガーホーストIASB議長のインタビュー記事が掲載されました。 2014/9/6付|日本経済新聞|朝刊 「のれん」会計、見直しも 2日続けて読者を翻弄するような記事掲載。。。皆さんは落ちついて記事を読み込んでください。とりあえず、会計処理方針と会計基準の選択は慎重に関…
続きを読む

迷える修正国際基準

■ 何に抗っているのか、日本の会計当局 2014/9/5付|日本経済新聞|朝刊 「迷える修正国際基準」 日本では従来の「日本会計基準」「米国会計(SEC)基準」「IFRS」の3つに「修正国際基準」が新たに加わる動きが迷走しています。そもそもディスクロージャーは比較可能性を担保するために行われるもの。会社業績を測定する「ものさし」そのものが複数あると、投資家はどうやって企業価値を目利きするのでしょう…
続きを読む
TOPへ