Archives for テクノロジー

テクノロジー

AI暴走懸念払拭にグーグルなど米IT5社が新団体。一方、日本は公主導でAI共同研究の推進へ

■ 有力IT企業連合と官主導のAI研究のどちらが勝利するのか? 本稿は、最近の日本経済新聞に掲載された記事から、AI研究の進め方の彼我の違いについて、その功罪を分析するものです。紋切型の「官がやるべきことと民がやるべきことの差別化論」を振りかざすことはしませんが、日米で対比的な報道のされ方について思うところがありまして。 まず、米IT有力企業の動向として第一報が入りました。 2016/9/29付 …
続きを読む
テクノロジー

AI、IoT時代の知的財産権(後編)ー 深層学習やIoTで得た情報を営業秘密で守る道があった! 日本経済新聞より

■ 「創作性」や「有形物」の制約無しでデータやプログラムをどうやって権利保護するか? 本稿は、日本経済新聞に掲載された記事から、AIやIoT時代到来を前提に、いわゆる知的財産権(著作権、特許権など)をどう考えるべきか、つらつらと思いをつづったものです。筆者は基本的に、クリエイティブ・コモンズへの賛同者ではありますが、従来の著作権法などの枠組みでは、AIやIoTが取り扱うデータ自体の権利保護や、そも…
続きを読む
テクノロジー

AI、IoT時代の知的財産権(前編) - 深層学習やIoTで得た情報の権利は誰のもの? 日本経済新聞より

■ AIやIoTが当たり前の時代の知的財産のあり方について 本稿は、日本経済新聞に掲載された記事から、AIやIoT時代到来を前提に、いわゆる知的財産権(著作権、特許権など)をどう考えるべきか、つらつらと思いをつづったものです。筆者は基本的に、クリエイティブ・コモンズへの賛同者ではありますが、ビジネスの世界はそういう創作者の意図だけで何とかなるものではないようで、いろいろと問題があるようです。 20…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)第4次産業革命の可能性(上)嗜好の個別・多様化に対応 中小製造業の強み生かせ 西岡靖之 法政大学教授 - 日本発のIoTビジネスとは?

■ ドイツ発のインダストリーに対し日本発のIoTとは? 本稿は、日本版インダストリーを考える上で、日本の製造業およびサービス業の向かうところを、西岡教授の小稿を筆者なりに解釈してお伝えするものです。「向かうところ」と「向かうべきところ」に対する言及の仕方というのは自ずと異なってくるものです。 2016/9/26付 |日本経済新聞|朝刊 (経済教室)第4次産業革命の可能性(上)嗜好の個別・多様化に対…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能の光と影(下)「人間の脳を超越」あり得ず 機械知より生命知に強み 西垣通・東京経済大学教授 - 今のAIでは論理的飛躍は不可能だ!

■ 人工知能(AI)の能力とは何か? きちんと見極めよう! 本稿は、日本経済新聞掲載の経済教室にて、人工知能(AI)全盛時代の機運高まる中、人間の脳を超越して諸問題が起こりうることはない、と断言する論説の紹介となります。特に、巷のAI信奉論とアンチAI論の対立については、西洋文明からの「神」「知能」に対する理解のアングルからのものと、冷静な分析を加えられています。 2016/9/7付 |日本経済新…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能の光と影(上)日米欧、倫理問題 対応急ぐ 様々な可能性 視野に議論 西田豊明・京都大学教授 - 技術の専門家にもノブレスオブリージュを!

■ 端的に人工知能(AI)時代の倫理問題を整理しよう! 本稿は、日本経済新聞掲載の経済教室にて、人工知能(AI)全盛時代となり得る近未来において、科学者がAIというテクノロジーと社会のあり方に対する警鐘を取り上げたものを整理するものです。専門家というものは、新技術に対し、手放しのイノベーション礼賛をするものかと思いきや、人間社会への負のインパクトにも思いを馳せるべき、という見解を、これまた専門家な…
続きを読む
テクノロジー

偏差値・満足度・就職率…経営「見える化」広がる 関学大や早大 各部署が改革目標共有 - KPIの見える化経営と使われないBIについて

■ 大学が経営の見える化を進めている報を受けて、とばっちりを受けている人を擁護する! この記事を目にして、筆者自身は思わずのけ反りはしませんでしたが、「大学でもKPIの見える化経営を進めているのに、我が社の体たらくは何だ!」と、喝を飛ばした役員がいて、とばっちりを受けているコーポレートスタッフはどれくらいいるんだろうな、と苦笑いは思わずしてしまいました。(^^;) 2016/8/17付 |日本経済…
続きを読む
テクノロジー

フィンテックが迫る変革(4)(経済教室)仮想通貨の可能性 特許・標準化戦略が重要に 技術革新へ人材不足課題 山崎重一郎 近畿大学教授

■ 仮想通貨が直接交換可能に それを支える中核的テクノロジーがブロックチェーン 今回は、フィンテックが迫る変革シリーズの第4弾として、日本経済新聞の「経済教室」からブロックチェーン技術についての解説まとめ記事をお届けします。ブロックチェーン技術は、仮想通貨の運用を支える根幹の技術であり、仮想通貨は、「資金決済法」改正により、決済手段として法的裏付けが取られ、財産的価値と価値交換手段として認められま…
続きを読む
テクノロジー

フィンテックが迫る変革(3)銀行経営の変革 - 銀行法改正のインパクトと仮想通貨について

■ メガバンクの企業統治にも影響を及ぼすフィンテックの脅威 銀行法の改正が射程に見えてきたメガバンクは、持ち株会社主導の指名委員会等設置会社に次々と移行し、フィンテックにも積極的に投資できる環境に国を挙げて整備してきました。 2016/5/12付 |日本経済新聞|朝刊 3メガ銀、持ち株会社主導 三井住友FG、指名委等設置会社に 銀行中心主義を脱却 「日本の3メガ銀行グループが持ち株会社の権限を強化…
続きを読む
テクノロジー

フィンテックが迫る変革(2)スタートアップ企業がイノベーションのジレンマを解決する様子と保険商品の開発に伴うリスクについて

■ スタートアップ企業が次々とフィンテック新サービスを展開中! 前回から引き続き、フィンテックにおける様々な取り組みの中で興味を惹くものを順に紹介していきます。まずは前回解説した新聞記事の続きから。フィンテックを軸にどのようなビジネス展開がなされているのが、概括してみたいと思います。 2016/7/26付 |日本経済新聞|朝刊 スタートアップ、IT武器に参入 投資リスク・会計管理サービス提供 「フ…
続きを読む
TOPへ