アーカイブ: 孫子の兵法(入門編) - ページ 3

孫子の兵法(入門編)

孫子 第8章 九変篇 38 将に五危有り

■ 複雑にして調和のとれた精神を宿した者のみが生き残るのだ! 将軍(組織の統率者)には、5つの危険がつきまとうものです。 (1)思慮に欠け決死の勇気だけの者は殺されます (2)勇気に欠け生き延びることしか頭にない者は捕虜にされてしまいます (3)怒りっぽく短気な者は侮蔑されて計略に引っかかります (4)名誉を重んじ清廉潔白な者は侮辱されて罠に陥ります (5)人情深く兵士(部下)をいたわる者は、兵士…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第8章 九変篇 37 吾(わ)が以(もっ)て待つこと有るを恃(たの)むなり

■ 他者に振り回されないだけの主体性を確保することが大事! 軍事力を運用する原則は次の2つ 1.敵がやって来ないことをあてにするのではなく、わが方に敵がいつやって来ても良いだけの備えがあることを頼みとする 2.敵が攻撃してこないことをあてにするのではなく、わが方に敵が攻撃できないだけの仕掛けがあることを頼みとする ----------------- 自組織にまだ敵(コンペチター)の攻勢をはね返すだ…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第8章 九変篇 36 智者の慮(りょ)は、必ず利害を雑(まじ)う

■ 物事は多角的に見る癖を付けよう! 智者の思慮は、ある一つの事柄を考える場合にも、必ず「利」と「害」との両面をつき混ぜて洞察します。 利益になる事柄には害の側面をも交えて考えるなら、その事業は必ず狙い通りに達成できます。 害となる事柄には利益の側面をも合わせて計り考えるならば、その心配も消すことができます。 それゆえ、 諸侯の意志を自国の意図の前に屈服させるには、その害悪ばかりを強調し、 諸侯を…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第8章 九変篇 35 将の九変の利に通ずる者は

■ 地の利を計り、現場判断を重視する 前章に引き続き、組織(軍隊)を運用する際に留意すべき点は以下の通り。 将軍(指揮者)が君主(経営者)の出動命令を受けて、軍(組織)を編成し、兵士(社員)を統率しながら進撃するにあたり、 ① 「圮地(ひち)」には宿営してはならない ② 「衢地(くち)」では天下の諸侯と親交を結ぶ ③ 「絶地(ぜっち)」にはとどまらずに素早く通り過ぎる ④ 「囲地(いち)」では脱出…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第7章 軍争篇 34 高陵(こうりょう)には向かう勿(なか)れ

■ 戦場での組織(軍隊)の運用方法について 組織(軍隊)を運用する際に留意すべき点は以下の通り。 ① 高い丘の上に陣取っている敵軍に攻め上がったりしてはならない ② 丘を背にして攻撃してくる敵軍を迎撃してはいけない ③ 偽って敗走する敵軍を追撃してはいけない ④ 包囲した敵軍には逃げ口を残しておく ⑤ 故国に帰還しようとする敵軍をさえぎり留めたりしてはいけない 孫子 (講談社学術文庫) -----…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第7章 軍争篇 33 民の耳目を壱(いつ)にする

■ 組織の統率と連絡、相手側の混乱に乗じる方法について 口で言っただけでは互いに聞こえないから、太鼓や鉦(かね)を用意する。 手で示しただけでは互いに見えないから、旗や幟(のぼり)を準備する。 1.自軍の統率に心がける 太鼓や鉦、旗指物などは、兵士たちの耳で聞き、目で見る働きを、将軍の指令する方向に統一するための手段です。すでに兵士たちの注意がひとつに集中しているならば、勇敢な者も自分勝手に進むこ…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第7章 軍争篇 32 兵は分合(ぶんごう)を以って変を為す者なり

■ この章がかの有名な「風林火山」です! 軍事行動は敵を欺くことを基本とし、利益にのみ従って行動し、分散と集合の戦法を用いて臨機応変の処置を取ります。 だから、 ・風のように迅速に進撃し、 ・林のように静まりかえって待機し、 ・火が燃え広がるように急激に侵攻し、 ・山のように居座り、 暗闇のように実態を隠し、 雷鳴のように突然動き出し、 偽りの進路を敵に指示するには部隊を分けて進ませ、 占領地を拡…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第7章 軍争篇 31 諸侯の謀を知らざる者は

■ 知る、知る、知る。 情報を収集して分析して行動を意思決定する! 1. 諸侯たちの利害計算の腹づもりが読めないのであれば、あらかじめ親交を結ぶことはできません。 2. 山岳や森林地帯、険阻な要害地帯や水沢地帯などの地形を呑み込んでいないようでは、軍隊を行軍させることはできません。 3. 地理に詳しい案内役を活用しないのでは、地形がもたらす利益を獲得することはできません。 孫子 (講談社学術文庫)…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第7章 軍争篇 30 迂(う)を以て直と為し、患いを以て利と為す

■ 出遅れた時の挽回の仕方 指揮官が君主の出撃命令を受けてから、軍を編成し兵士を統率して、敵軍と対陣して静止するまでの過程で、戦場への軍の先着を争う「軍争」ほど困難な作業はありません。軍争の難しさは、迂回路を直進の近道に変え、憂い事を利益に転ずる点にあります。 一見、戦場に遠い迂回路を取りながら、敵を利益で誘導して、敵の方が遠路はるばる自軍近くまでやって来るように仕向け、敵より後に進発しながら、戦…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第6章 虚実篇 29 兵の形は水に象(かたど)る

■ 組織は「水」のように無形の形を持っている方が良い そもそも軍(組織)の形は水を模範とします。 水の運行は高い場所を避けて低い場所へ走ります。同じように軍も、敵の兵力が優勢な実(じつ)の地点を回避し、敵の備えが手薄な虚の地点を攻撃して勝利を得ます。だから、水は地形に沿って運行を決定し、軍は敵の態勢に従って勝利を決定します。 軍にはできあがった一定の勢いというものはなく、決まりきった固定した形とい…
続きを読む
TOPへ