アーカイブ: 孫子の兵法(入門編) - ページ 6

孫子の兵法(入門編)

孫子 第1章 計篇 2 勢(せい)とは、利に因(よ)りて権を制するなり

■ 熟慮によって組織力を高め、機転によって勝利を収める 「前節」でお示した5つの基本事項に基づく計略を戦いの前に採用して組織力を高めることができたなら、敵(コンペチター)に勝利する体制を整えることができます。 次は、自組織に「勢(せい)」を付与して、実際の戦いの場における補助手段とします。「勢」とは、その時々の有利な状況により従って、一挙に勝敗を決する切り札を自己の掌中に収めることをいいます。 孫…
続きを読む
孫子の兵法(入門編)

孫子 第1章 計篇 1 兵とは国の大事なり

■ はじめに よく、「経営戦略」の基本的な考え方を整理するために、古典の部類に入る「兵法書」「軍事学」から、現代ビジネスに活用できる一節だけを引用し、歴史上の古戦や現代におけるビジネスケースに当てはめて解説している本が多く流布しています。手っ取り早く、「孫子」「クラウゼヴィッツ」「リデルハート」などのエッセンスだけつまみ食いしていますが、体系的に理解しようとすると、全編の解説を足早やでもいいので、…
続きを読む
TOPへ