Archives for プロジェクトマネジメント(基礎編)

プロジェクトマネジメント(基礎編)

プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(3)上流プロジェクトのWBS作成にあたってのTIPS

■ そのWBSは、どうやったら全てのタスクが終わるんですか? 前回は、要件定義フェーズという上流工程における「プロジェクト」のWBSを引いていきました。今回は、筆者が実際にWBSを作成していく際に留意している事項や、ちょっとしたスケジュール短縮のコツ(これをTipsという)を紹介していきたいと思います。 ⇒「プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(1)WBSで管理すべきプロジェクトが何か…
続きを読む
プロジェクトマネジメント(基礎編)

プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(2)上流プロジェクトの事例で実際にWBSを書いてみる!

■ いわゆる上流プロジェクトを例にしてWBSを引いてみます! 前回は、「プロジェクト」で仕事をするとは何か、「プロジェクト」管理に有効な「WBS」とは、そして「WBS」の構成要素についてお話をしました。今回は、筆者が実際にどうやってWBSを作成していくか、筆者の頭の中をトレースしながら、具体的な手順通りにWBSを引いていきたいと思います。 ⇒「プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(1)…
続きを読む
プロジェクトマネジメント(基礎編)

プロジェクトマネジメントの王道 WBSを作成する(1)WBSで管理すべきプロジェクトが何か分からないとWBSを理解できない!

■ プロジェクトは、確からしい計画を立てることができたら、8割は終わったも同然です! 業務改革プロジェクト、システム導入プロジェクトと、その内容は違えども、いくつものプロジェクトにて、プロジェクト・マネージャーをさせて頂いてきた経験から言えるのですが、「プロジェクトは、万全な計画が立案できた時点で、ほぼ成功は見えている」というのが筆者の持論なのであります。この「万全な」という形容詞の意味の解釈が大…
続きを読む
プロジェクトマネジメント(基礎編)

クリティカルパスを意識したプロジェクト計画

■ 計画管理のためのガントチャート 「前回」は、ゴールからプロジェクト計画を立案する重要性を説明しました。今回は、より具体的に、「ガントチャート」を使って、プロジェクト作業計画を作ってみます。 「ガントチャート」とは、作業日程管理表のことで、ある作業全体を管理可能な工程に分割し、工程ごとに、作業進捗を、計画と対比して管理するときに使用します。横軸に時間(スケジュール)、縦軸に、管理すべきタスクをプ…
続きを読む
プロジェクトマネジメント(基礎編)

プロジェクトの計画を作ってみる

■ プロジェクト計画について 「前回」は、プロジェクトの進捗が思わしくないとき、「プロジェクト憲章」の準備の効果と、これを使っての対応策の検討方法を簡単に説明しました。今回は、「プロジェクト憲章」をつくった後、プロジェクト計画を作成するときの、留意点について、老婆心ながら筆者の心構えをお伝えしたいと思います。 前回も言及しましたが、「コンティンジェンシー・プラン」を用意しておくと、様々なプロジェク…
続きを読む
プロジェクトマネジメント(基礎編)

プロジェクトの進捗が思わしくないときどう対処すべきか

■ 必ず進捗が遅れるのがプロジェクト 「前回」は、「プロジェクト憲章」の必要性と内容について説明しました。最後に、「プロジェクト憲章」は絶対不変なのかについて、問いを投げかけさせていただきました。今回は、この問いに対して、筆者のこれまでの経験からくるひとつの見解を述べさせていただきたいと思います。 筆者の力不足なのでしょうが、いまだに当初の計画に寸分違わず、プロジェクトを進行させたことはありません…
続きを読む
プロジェクトマネジメント(基礎編)

プロジェクト憲章の作成意義

■ 「プロジェクト憲章」の必要性 今回から、具体的に、プロジェクトマネジメントについて、「プロセス」「行動」「ツール」など、できるだけ重要性の高いもの、そしてプロジェクトの始まりから順に説明を進めていきたいと思います。 まず、プロジェクトを始めるにあたって、 「なぜ」プロジェクト始めなければならないのか、大義名分はどこにあるのか 「なにを」プロジェクトで達成(または解決)したいと考えているのか 「…
続きを読む
プロジェクトマネジメント(基礎編)

ストレッチ思考とゴール思考

■ 仕事をする際の思考のクセ 業界や会社のステージなどに影響され、ビジネスマンが目の前の仕事を片付けようとする際の姿勢そのものが無意識にあるクセをつけさせられてしまうことがあります。その思考のクセの作用によって、プロジェクトマネジメントの出来不出来が大きく左右されることが筆者の経験から多々ありました。 当然、ビジネス本からの知識習得、先輩・上司からの薫陶、自分自身の失敗事例からの学びから、真逆であ…
続きを読む
TOPへ