Pocket

■ 厳しさはプロを育てる

コンサルタントのつぶやき

周囲からの厳しい視線や高い要求、もう明日はプレーできなくなるかもというプレッシャーがなければ、選手は成長できない。批判にさらされることが当たり前のブラジルで育った僕は、いつもそう考えてきた。

サッカーに詳しくない女性が観戦して「戦術がすごいって聞いたけど、見ててもつまんない」と言ったとする。その正直な感想もひとつの真実で、外からの指摘や“素人目線”は、自分たちの気づかぬ一面を学ばせてもくれる。3試合で2得点している僕にも「しょせんJ2でしょ」と思う人々は必ずいる。どれだけ賞賛されても、一方では厳しい見方もあり得るのだと僕は常に自覚している。

選手へ向けられた厳しさを「批判」と呼ぶのならば、批判はあった方がいい。厳しい声にさらされるほど僕は実感できる。自分がプロフェッショナルとしてその世界に生きていると。

A-League Rd 15 - Sydney FC v Victory

出典:The Huffington Post 張本勲氏「カズ、もうお辞めなさい」→カズ「光栄です」→張本氏「あっぱれ!」
——————————————-
4月12日放送のTBS系『サンデーモーニング』の放送中、張本氏が「「(J2は)野球で言えば2軍のようなもの。もうお辞めなさい」とコメントしたことに対し、カズは、「『もっと活躍しろ』って言われているんだなと思う。『これなら引退しなくていいって、オレに言わせてみろ』ってことだと思う」と大人な発言で対応。

これに対して、張本氏が、19日放送の『サンデーモーニング』でカズを、釜本邦茂氏や長嶋茂雄氏といった、往年のスーパースターになぞらえて絶賛し、「今度一緒に食事でも」と一連の騒動の幕引きを図った。

カズ、現役プレーヤーとしての評価が高まったと共に、ひとりの人間としてもまた株を上げました。どこまでビックな人なんでしょう!?

スポーツ界の重鎮の顔をつぶさずに、しかも一切感情的にならず、軽く心無い批判をさらっと右へと受け流す。その上で、プロフェッションとして、そういう声はプレーの糧にせねばならぬと、さらに自分に対して気持ちを引き締める。

かっこよすぎですね。カズ。

(Visited 1,328 times, 1 visits today)
Pocket

(サッカー人として)三浦知良 2015年4月24日 日経新聞(朝刊)よりhttp://keieikanrikaikei.com/wp-content/uploads/2015/04/f2dde0c815f506d35f39301dbbb486e41-e1428166267398.jpghttp://keieikanrikaikei.com/wp-content/uploads/2015/04/f2dde0c815f506d35f39301dbbb486e41-150x150.jpg小林 友昭新聞記事・コラムカズ,サッカー人として,三浦知良■ 厳しさはプロを育てる 周囲からの厳しい視線や高い要求、もう明日はプレーできなくなるかもというプレッシャーがなければ、選手は成長できない。批判にさらされることが当たり前のブラジルで育った僕は、いつもそう考えてきた。 サッカーに詳しくない女性が観戦して「戦術がすごいって聞いたけど、見ててもつまんない」と言ったとする。その正直な感想もひとつの真実で、外からの指摘や“素人目線”は、自分たちの気づかぬ一面を学ばせてもくれる。3試合で2得点している僕にも「しょせんJ2でしょ」と思う人々は必ずいる。どれだけ賞賛されても、一方では厳しい見方もあり得るのだと僕は常に自覚している。 選手へ向けられた厳しさを「批判」と呼ぶのならば、批判はあった方がいい。厳しい声にさらされるほど僕は実感できる。自分がプロフェッショナルとしてその世界に生きていると。 出典:The Huffington Post 張本勲氏「カズ、もうお辞めなさい」→カズ「光栄です」→張本氏「あっぱれ!」 ------------------------------------------- 4月12日放送のTBS系『サンデーモーニング』の放送中、張本氏が「「(J2は)野球で言えば2軍のようなもの。もうお辞めなさい」とコメントしたことに対し、カズは、「『もっと活躍しろ』って言われているんだなと思う。『これなら引退しなくていいって、オレに言わせてみろ』ってことだと思う」と大人な発言で対応。 これに対して、張本氏が、19日放送の『サンデーモーニング』でカズを、釜本邦茂氏や長嶋茂雄氏といった、往年のスーパースターになぞらえて絶賛し、「今度一緒に食事でも」と一連の騒動の幕引きを図った。 カズ、現役プレーヤーとしての評価が高まったと共に、ひとりの人間としてもまた株を上げました。どこまでビックな人なんでしょう!? スポーツ界の重鎮の顔をつぶさずに、しかも一切感情的にならず、軽く心無い批判をさらっと右へと受け流す。その上で、プロフェッションとして、そういう声はプレーの糧にせねばならぬと、さらに自分に対して気持ちを引き締める。 かっこよすぎですね。カズ。現役の経営コンサルタントが管理会計をテーマに情報発信します