スティーブン・リーコック(1)私は運というものを信じている。そして、一所懸命働けば働くほど、運に恵まれる

Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

■ 強い運は、一生懸命働く人の元にもたらされる

コンサルタントのつぶやき_アイキャッチ

I am a great believer in luck and the harder I work the more I have of it.

私は運というものを信じている。そして、一所懸命働けば働くほど、運に恵まれる。

20170622_スティーブン・リーコック

(カナダの政治学者、作家 / 1869~1944)
——————————————————-
運がいい人は、多くの運を掴みます。どうすれば、多くの運に恵まれるのでしょうか?

多くの運を掴むためには、多くの運を掴む機会を得ることが必要になります。どうすれば多くの運を掴む機会を得ることができるのでしょうか?

機会を得るためには、機会を得る努力をする必要があります。その努力は、一生懸命に、一心不乱に、目の前の仕事に取り組むことです。何をすべきか、どうやってやりきるか?

選択と集中。

多くのタスクが並んでいるTo-DOリストから、優先順位づけをして、自分が投入できる労力と時間と精力の全てを傾けて、ひとつひとつ着実に片づけていく。同時に複数の仕事に着手しない。ひとつひとつの仕事の品質に、集中力がとても影響してしまうから。

キチンと仕事をする人は、必ず周囲の人(顧客や上司)が必ず見ています。次に、その顧客や上司が仕事を依頼したい人ランキングの上位に入れば、より自分に合った仕事、より自分の価値を出し切れる仕事、より自分を成長させることができる仕事を割り当ててくれる機会、巡り会える機会が増えます。

そうすると、そうした仕事をひとつずつやりきることで、次の高評価を得ることができます。さらなる高評価は、次の仕事のチャンスを得るだけではなく、さらにレベルアップした難易度の高い仕事にチャレンジする機会ともなります。

これが、運が運を呼ぶ好サイクルに入ることになります。

結果を先に求めない。結果は、努力した先に与えられる、後払いの報酬にすぎない。

与えよ、さらば開かれん!(^^)

(Visited 66 times, 1 visits today)
Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です