スティーブ・ジョブズ(22)墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ

Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

■ 財を成したことに満足するのではない。事業を起こしたことに満足するのだ!

墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。

(米国の実業家、アップル創業者 / 1955~2011)
——————–
まあ、スティーブ・ジョブス氏といえば、億万長者のイメージなので、立派に大金を世に残して言ったじゃないかと思うのですが、彼がそう言うと、財を成したことより、素晴らしい製品を世に送り出し、アップル社を瀕死の重傷から救い出したことの方に価値を見出している、ということも理解はできます。

でもね、2011年10月5日、56歳で他界したジョブズ氏の遺産のほとんどはアップルとディズニーの株式で、68億ドルにものぼりました。やっぱり、それなりに多額の遺産を残されたのですよね。(^^;)

ただし、スタンフォード大学の東側にある閑静な住宅街に佇む故ジョブズ氏の自宅は、1930年代に建てられた古い民家を購入・改装したもの。寝室が7つあるとはいえ、富豪の住む大豪邸のイメージとはほど遠い、むしろこぢんまりとした印象の家なのだそうです。

そして、ジョブズ氏のファッションスタイルは、「ノームコア」と呼ばれるもの。
「ノームコア」とは、色とりどり、様々な素材やデザインのファッションを捨て、同じ色、同じ素材のコーディネートを何着も持ち、着用するスタイルのことを指します。

ラフでカジュアルな「きわめて普通の格好」を指すファッション用語。ノーマル(noemal)と究極(hardcore)を合わせた造語で、高級さや際だった感性といった「人とは違う」要素から遠ざかり、敢えて人と似たり寄ったりな変哲ない服装を選ぶ、というトレンドの流行と共に登場した言葉。

彼の生活はとってもシンプルなものでした。アップル製品もシンプル+機能性+デザイン性。まあ、デザイン性にユーザビリティも含まれているので、シンプル+デザイン性で十分でしょうか。

彼がi-Phoneの開発時にとった行動は有名で、開発中のi- Phoneをいきなり部屋にあった水槽に投げ入れ、気泡が立ったのを見て、「まだこれだけの隙間があるじゃないか、もっと小型化・軽量化できるだろ!」と言ったとか言わなかったとか。

毎日、新しいものを追求して世に送り出すことを市場の喜びとしたジョブズ。今日の私は、何かを残せたのでしょうかね?(^^;)

(Visited 38 times, 1 visits today)
Pocket
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です