タグアーカイブ: カルソニックカンセイ

会計で経営を読む

企業成長手段の賢い選択とは アンハイザー・ブッシュ・インベフとカルソニックカンセイの例からM&Aか内部成長かの二者択一問題について(2)ケイレツの外販促進と100%子会社 (ビジネスTODAY)日産、次世代車シフトで系列解体 カルソニック売却発表 トヨタと別の道

■ カルソニックカンセイを手放す決断をしたゴーン流の判断基準とは? グループ経営を実践する場で、「モノ」「カネ」「ヒト」の3大経営資源をどのように有効活用すれば、企業価値が最大になるのか、世の経営者は皆、この本質的でかつ根源的な課題に日々取り組んでいるものです。そのひとつの判断を、ルノー・日産のカルロス・ゴーンのカルソニックカンセイの売却を事例に、見ていきたいと思います。 2016/11/23付 …
続きを読む
会計で経営を読む

日産、カルソニックカンセイ売却 先端技術に資金 全保有株1000億円超で

■ 日産自動車の連結財務諸表への簡易インパクト分析にトライ! 5/24の日本経済新聞のTOPを飾ったこの記事。日産がカルソニックカンセイを売却する理由は、まことしやかにビジネス視点でいろいろと語られています。しかし、事業(子会社)売却の裏には、そりゃまあ、いろいろ理由があるわけで、その種の暴露話にも非常に興味をそそられるところです。しかし、ここは落ち着いて会計的に財務諸表に対してどういうインパクト…
続きを読む
TOPへ