タグアーカイブ: カンブリア宮殿

TV番組レビュー

地方から奇跡のビジネス革命を起こした女性社長SP 糀屋本店 社長・浅利妙峰 気仙沼ニッティング 社長・御手洗瑞子 2017年3月2日 TX カンブリア宮殿

■ “飲む点滴”甘酒ブーム 老化を防ぐ?麹の力とは 今回の放送は、地方から女性の力で全く新しいビジネスを立ち上げた、そんなお話を2つ。 「塩麹に、甘酒...いま盛り上がる"麹"ブーム、火付け役は、大分の小都市の一人の女性だった!そして、被災地・気仙沼で支援ではない復興プロジェクト。奇跡のニット会社を立ち上げたのは若き女性!地方から革命的なビジネスを起こした二人の女性社長にスポットを当てる。」 (番…
続きを読む
TV番組レビュー

熱狂的ファンを生む老舗洋食レストラン! ~嘘をつかない“正直経営”の全貌~ つばめ社長・石倉悠吉 2016年8月25日 TX カンブリア宮殿

■ 客に嘘をつかない! つばめ流“正直経営”の全貌 ハンバーグではなくて、“ハンブルグ”。つばめ風ハンブルグステーキで有名な「つばめグリル」ではそう呼ぶ。つばめ風ハンブルグステーキが誕生したのは42年前。国産ミンチ肉によるハンブルグ(ハンバーグ)とビーフシチューという2枚看板メニューをアルミホイルで包んで客前に出される。多い日には1日8000食も出るという。つばめグリルは創業82年の老舗。歴史が古…
続きを読む
TV番組レビュー

10年で世の中は変えられる!素材に革命を起こす若きサムライたち スパイバー代表執行役・関山和秀 TBM社長・山﨑敦義 2016年8月4日 TX カンブリア宮殿

■ クモの糸 量産化成功 “夢の繊維”に世界注目 ゴールドウィンから去年12月、世界初、人工的に作られた“クモ糸”ウェアが発表された。軽くて伸縮性があり、驚くほど丈夫なため、極寒の地のハードな使用にも耐えられるという。クモの糸は、NASAをはじめとする世界中の専門家が長年研究し続けてきた繊維素材。一見細くて弱そうに見えるが、クモの糸は驚くほどの特性を持っている。クモの糸はひとたび獲物を捉えれば、簡…
続きを読む
TV番組レビュー

こだわり野菜をもっとニッポンの食卓へ! ~進化し続ける野菜宅配ビジネス~ らでぃっしゅぼーや社長・国枝俊成 2016年7月14日 TX カンブリア宮殿

■ 家族みんなが大絶賛! おいしい野菜のヒミツ 有機栽培の野菜の宅配サービスを提供しているのが「らでぃっしゅぼーや」。注文はネットやカタログを使って。そこには全国の契約農家が低農薬・有機栽培で育てた野菜が溢れている。肉やお魚、調味料まで取り扱っている。注文は1品からでも可能。中でも一番人気が「ぱれっと」と呼ばれる、野菜詰め合わせセットで、中身は「らでぃっしゅぼーや」にお任せ。中身を自分で選択できな…
続きを読む
TV番組レビュー

日本は思った以上に“宝の山”SP 髙田明・佐藤可士和 2016年7月7日 TX カンブリア宮殿

■ 意外なものが宝になる! 日本の魅力爆発スペシャル ここ日本橋に地方都市が作ったアンテナショップがある。 「日本橋とやま館」。 品揃えが一風変わっている。が全て冨山の庶民の食卓で楽しまれている味ばかり。 ・カジキマグロの昆布じめ ・こんかいわし ・かぶす汁 (山下館長) 「高級品はほとんどない。冨山で「当たり前」「普通」と言われるものを東京の人に伝えたい。冨山の人にとって当たり前すぎて気付かない…
続きを読む
TV番組レビュー

納得するまで商品化せず!ロングセラーを生む桃屋の“良品質主義” 桃屋代表取締役社長・小出雄二 2016年6月30日 TX カンブリア宮殿

■ 小瓶に詰まった“こだわり” 桃屋 ロングセラーの秘密 桃屋が現在作っているのは37商品。その中のひとつ「花らっきょう」は大正10年(1921年)発売のロングセラー。また、桃屋の売上商品、「ごはんですよ!」は昭和48年(1973年)発売のこれまたロングセラーだ。37商品のうち、18商品が大正・昭和のロングセラーだ。この息の長さこそ、桃屋の秘密だ。では桃屋にはなぜロングセラーが多いのか? 「伝統的…
続きを読む
TV番組レビュー

家の補修や不具合を全力で解消!地元住民を幸せにする感動のリフォーム会社 さくら住宅社長・二宮生憲 2016年6月23日 TX カンブリア宮殿

■ 小口工事から大リフォームまで! 困った時の頼れる“住医” 東日本大震災後、悪質リフォーム業者によるリフォームトラブルの相談件数が急増している。ところがそんな中、横浜市のある地域でリフォームがブームになっている所がある。近藤さん夫妻のお宅では、オープンキッチンへのリフォームで、キッチンと居間の間の壁を取っ払い、シンクを今に対面の形で配した。施行した業者について聞いたところ、「何事にも丁寧で親切で…
続きを読む
TV番組レビュー

香り立つ!コーヒー市場 農園からカップまで…老舗の次なる“1杯” UCC上島珈琲社長・上島昌佐郎 2016年6月16日 TX カンブリア宮殿

■ コーヒー人気 沸騰中! ブーム支えるUCCの実力 今、巷ではコーヒーの家飲みブーム。そんな日本のコーヒー文化を戦後から牽引し、川上から川下まで一貫したコーヒー事業を展開するのが「UCC」(ウエシマ コーヒー カンパニー)。 UCC上島珈琲社長・上島昌佐郎(45歳)。 (番組公式ホームページより) UCCの顔① コーヒー豆の輸入 現在、日本はコーヒー豆を年間43万トン輸入しているが、その20%超…
続きを読む
TV番組レビュー

湘南の海をそのまま見せる! また行きたくなる感動の水族館 江ノ島マリンコーポレーション代表取締役社長・堀一久 2016年5月5日 TX カンブリア宮殿

■ 食卓の魚イワシが主役 感動の水族館の舞台裏 新江ノ島水族館、通称「えのすい」。年間の入場者数は172万人。入場料は大人:2100円、小中学生:1000円。リピーターが多いのが特徴。入り口にあるのは、水面が子供の背丈ほどしかない江ノ島の南岸の岩場を再現した水槽に、高さ6mの「相模湾大水槽」。90種類、約2万匹の魚が泳ぐ姿は、これまた相模湾を再現したもの。泳いでいるのはマアジ、ウツボ、コショウダイ…
続きを読む
TV番組レビュー

家族で楽しめる!V字回復を実現した感動テーマパークの秘密 ユー・エス・ジェイ執行役員・森岡毅 2016年4月28日 TX カンブリア宮殿

■ GWに家族で行きたい! いま注目のテーマパーク 今や絶好調のUSJ。しかし、数年前までは苦しい経営が続いていた。2001年3月31日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン開業。初年度入場者は1000万人を突破したものの、翌年から不祥事が続く。 2002年7月: ・客が飲む飲料水への工業用水混入が発覚 ・賞味期限切れ食品の提供が発覚 立て直し策の手も打てずに、700万人台にまで客足が下がるようになっ…
続きを読む
TOPへ