タグアーカイブ: バリューチェーン

経済動向を会計で読む

トランプ国境税(2)(経済教室)トランポノミクスの行方(上)国境調整税、各国税制に影響 海外移転促すゆがみ是正 星岳雄・スタンフォード大学教授東京財団理事長

■ トランプが主張する「国境税」の本質は保護主義貿易政策の目玉ではない!? 「中国やメキシコからの輸入品に高い税を課して国内企業の雇用を守る」大統領就任前後は、このような分かりやすいステートメントで有権者の支持を集めたトランプ氏。最近は、ちゃんと御用学者の意見、議会共和党の意見も取り入れ、「国境調整」「国境税」として、自身の公約を巧妙にお化粧し直して主張しています。一部のセンセーショナルな報道によ…
続きを読む
経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(16)マイケル・ポーター ポジショニング派のチャンピオン登場② - 戦略3類型とバリューチェーンは経営戦略論不朽の名作!

■ ポジショニング派のチャンピオンは、徹底的に儲けるための方策を考えさせる! 「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」(以下、本書)をベースに説明していきます。前回の続きで、マイケル・ポーターのお話です。彼は、ミクロ経済学(ビジネス経済学)を修め、徹底的に企業の目的、存在価値は「儲けること」を追求することであるととことん割り切って競争戦略を論じます。 しかし、その後、その反動が出たのか、「…
続きを読む
経営戦略(基礎編)

経営戦略概史(15)マイケル・ポーター ポジショニング派のチャンピオン登場① - ファイブ・フォース分析はミクロ経済学から誕生した

■ ポジショニング派のチャンピオンも、最初はHBSで首宣告一歩手前だった! 「経営戦略」の歴史を、三谷宏治著「経営戦略全史」(以下、本書)をベースに説明していきます。お待たせしました。マイケル・ポーターの登場です。本書から彼の経歴を紹介します。プリンストン大学で航空工学を学んだ後、ハーバードビジネススクール(HBS)のMBAコースでビジネスを学びます。そこでクリステンセンやアンドルーズの講義に感銘…
続きを読む
業績管理会計(入門編)

KPI経営入門(1)適切で分かりやすいKPIを設定する - 経営目標への達成水準と貢献度から経営ボトルネックを探る!

■ 言うは易し、行うは難し。KPIマネジメントに対する誤解とは? 世の中には、「KPI経営」とか、「BSC(バランスト・スコアカード)経営」という言葉が流布し、業績管理指標を掲げて、目標管理による従業員への叱咤激励だけが経営管理と思い込んでいる企業があまりに多すぎるように思えます。筆者は、経営管理・管理会計領域の経営コンサルタントとして、多くの企業のKPI設定とその可視化(*)の取り組みを支援して…
続きを読む
会計で経営を読む

資生堂・ライオン・ユニチャームの三社連合対花王の売り場づくり競争の真意とは?

■ 資生堂、ライオン、ユニ・チャームの三社連合が成立する条件とは? 本稿は、日用品を取り扱う4社の販売戦略を取り上げます。トップを走る花王に対し、それぞれのカテゴリーで勝負を挑む、資生堂、ライオン、ユニ・チャームが小異を捨てて大同につき、日本市場における売り場づくりを協働で花王に対抗する作戦に出ました。 2016/10/4付 |日本経済新聞|朝刊 (ビジネスTODAY)巨人・花王に対抗軸 資生堂 …
続きを読む
テクノロジー

偏差値・満足度・就職率…経営「見える化」広がる 関学大や早大 各部署が改革目標共有 - KPIの見える化経営と使われないBIについて

■ 大学が経営の見える化を進めている報を受けて、とばっちりを受けている人を擁護する! この記事を目にして、筆者自身は思わずのけ反りはしませんでしたが、「大学でもKPIの見える化経営を進めているのに、我が社の体たらくは何だ!」と、喝を飛ばした役員がいて、とばっちりを受けているコーポレートスタッフはどれくらいいるんだろうな、と苦笑いは思わずしてしまいました。(^^;) 2016/8/17付 |日本経済…
続きを読む
TOPへ