孫子 第7章 軍争篇 32 兵は分合(ぶんごう)を以って変を為す者なり

■ この章がかの有名な「風林火山」です! 軍事行動は敵を欺くことを基本とし、利益にのみ従って行動し、分散と集合の戦法を用いて臨機応変の処置を取ります。 だから、 ・風のように迅速に進撃し、 ・林のように静まりかえって待機[…]

もっと読む