タグアーカイブ: 人工知能

テクノロジー

〈FT特約〉知恵に欠ける人工知能投資 バフェット氏にかなわず - AIが人間に投資で勝利する意味は、AIが完全義体となる時である

■ AIがバフェット氏を超克する日は来るのか? ウォーレン・バフェット氏は、現代で最も成功した投資家の一人です。その投資スタイルは、バイ・アンド・ホールド。とにかく、自分基準の企業価値を算定し、市場の揺らぎの中でその企業価値から株価が乖離したタイミングで買い(売り)を入れる。買いを入れたときには、長期保有が前提。その投資スタイルをAIが真似て、バフェット以上に成績を残す時代が本当にやってくるのでし…
続きを読む
テクノロジー

(’17戦略 そこが知りたい)(8)AI競争 勝ち抜くには? 日本IBM社長 ポール与那嶺氏 使い方まで丸ごと提案

■ AI(人工知能)をテクノロジーではなくビジネスで語ってみる! AIが人の仕事を奪う、という警鐘が鳴らされています。その真偽の程はともかくとして、その程度、対象職種、代替速度を真剣に議論し、社会全体で構造変化と技術進歩に伴う不可避的な失業の備えを論じるべきです。そして、AIにまつわる人間の仕事のあり方をもう少し突っ込んでみていく必要がありそうです。 2016/12/31付 |日本経済新聞|朝刊 …
続きを読む
テクノロジー

どうして現在のディープラーニング技術ではAIが東大入試を乗り越えられないのか? - AI脅威論にも安易な礼賛にも同調しない人間中心のAI活用について

■ AI脅威論を恐れすぎない。AI万能論にも同調しない。 現在は、AI(人工知能)第3次ブームとも呼ばれています。そして、AIが人間の仕事を奪うのではないかというAI脅威論を唱える人や、万能なAI(汎用型AI、AGI:Artificial General Intelligence)によるシンギュラリティが2045年にも起こると予想する人も増えてきました。 現時点のテクノロジーにおけるAI技術とは簡…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能の光と影(下)「人間の脳を超越」あり得ず 機械知より生命知に強み 西垣通・東京経済大学教授 - 今のAIでは論理的飛躍は不可能だ!

■ 人工知能(AI)の能力とは何か? きちんと見極めよう! 本稿は、日本経済新聞掲載の経済教室にて、人工知能(AI)全盛時代の機運高まる中、人間の脳を超越して諸問題が起こりうることはない、と断言する論説の紹介となります。特に、巷のAI信奉論とアンチAI論の対立については、西洋文明からの「神」「知能」に対する理解のアングルからのものと、冷静な分析を加えられています。 2016/9/7付 |日本経済新…
続きを読む
テクノロジー

(経済教室)人工知能の光と影(上)日米欧、倫理問題 対応急ぐ 様々な可能性 視野に議論 西田豊明・京都大学教授 - 技術の専門家にもノブレスオブリージュを!

■ 端的に人工知能(AI)時代の倫理問題を整理しよう! 本稿は、日本経済新聞掲載の経済教室にて、人工知能(AI)全盛時代となり得る近未来において、科学者がAIというテクノロジーと社会のあり方に対する警鐘を取り上げたものを整理するものです。専門家というものは、新技術に対し、手放しのイノベーション礼賛をするものかと思いきや、人間社会への負のインパクトにも思いを馳せるべき、という見解を、これまた専門家な…
続きを読む
テクノロジー

人間がAIに管理される日? - HRテックによる最適配置と社員の幸福感を高める「Hitachi AI Technology」の事例から

■ 人間が人間を相手にする人事管理は終焉を迎え、AIによる人事管理が主流となるのか? AIは膨大なデータを瞬時に処理するだけでなく、自動的なアルゴリズムの改良を永遠に続けられるという意味で、生半可な知識と経験による生身の人間が人事管理を担うより、人間の本質を理解して、最適な職場環境を形成できるようになるのかもしれません。 2016/6/27付 |日本経済新聞|朝刊 ITで人事効率化 HRテックをV…
続きを読む
テクノロジー

AI(人工知能)が人事部と経理部から人間を駆逐する日はいつか? - HRテックとフィンテックの影響は?

■ 現在、AIを使って人間の仕事を代替できること、人間より効果的にできること テクノロジー専門書でなくても、AI(人工知能)の技術が進歩し、いつの日か人間の職場を奪う日がくることを予言している文献・コラム・記事もかなり出てきました。人事部と経理部の仕事を代替する機能を搭載したAIの事例が続けて日本経済新聞に紹介されていたので、ここでひとつにまとめて解説していきたいと思います。 2016/6/15付…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(33)

■ あなたの目には世界は何色に見えていますか? ピンク色のレンズの眼鏡をかけている人は 世界がピンク色だと勘違いをしている。 自分が眼鏡をかけていることに気づいていないのだ。 ----------------------------------------------------- あなたが道を歩いている姿を想像してみてください。やがて、あなたが日頃から好意を持っている異性が向こうからやってきまし…
続きを読む
テクノロジー

(新産業創世記)「土俵」が変わる(1)AI社長の下で働けますか 決断が人の役割 - 経営判断を下す日立のAI

■ AIが膨大なビッグデータを瞬時に解析して、正しい経営判断を提案します! いきなり、「ルワンダにオフィスを設けたらどうか」という提案を出すAIの紹介から始まるこの記事。企業内にとどまらず、社会全体を統治するAIの登場を予期させるSF風な書き出しでしたが、落ち着いて意味を読み解いていきたいと思います。 2016/5/17付 |日本経済新聞|朝刊 (新産業創世記)「土俵」が変わる(1)AI社長の下で…
続きを読む
テクノロジー

天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る NHKスペシャル 2016年5月15日

■ 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る 勝率7割2分、獲得したタイトル94、いずれも前人未到。将棋の神様に最も近づいた男、羽生善治がまだ戦っていない相手は「人工知能(AI)」。1990年に登場した人工知能は、当時は全くプロ棋士に歯が立たなかった。今やモンスターのような進化を遂げ、プロ棋士たちを倒している。 (記者) 「羽生さんにとって、人工知能は脅威になるのか?」 「非常に進歩が速いので、自分…
続きを読む
TOPへ