タグアーカイブ: 小倉広

本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(100)相手があなたを評価するかどうかは相手の課題です

■ 課題の分離ができる人は幸せだ! 陰口を言われても、嫌われても、 あなたが気にすることはない。 「相手があなたをどう感じるか」は 相手の課題なのだから。 ----------------------------------------------------- 私たちは、決して他人の感情や行動をコントロールすることはできません。それゆえ、できもしないことをできないと苦しむくらいだったら、最初から…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(99)相手が自分の課題に踏み込んできたときの対応とは

■ 相手が自分の課題に踏み込んできた際も、「課題の分離」を徹底すること! それが「あなたの課題」ならば、 たとえ親に反対されても従う必要はない。 自分の課題に足を踏み込ませてはいけないのだ。 ----------------------------------------------------- 本書では、今度は親子関係を題材に、課題の切り分けを説明しています。自分の親から結婚を反対された場合、…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(98)相手の課題を勝手に背負うから苦しいのです!

■ 相手の課題を背負うことは親切でもなんでもなくて、傲慢かもしれませんよ! 妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。 不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。 その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。 ----------------------------------------------------- 本書では、夫婦関係を題材に、課題の切り分けを説明しています。妻がふさぎ込んでいる…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(97)あなたが悩んでいる課題は本当にあなたの課題なのか?

■ 誰の課題かを簡単に見分ける方法とは? あなたが悩んでいる問題は 本当に「あなたの問題」だろうか。 その問題を放置した場合に困るのは誰か、 冷静に考えてみることだ。 ----------------------------------------------------- アドラー心理学では、いろいろと取り沙汰されている課題が、「一体誰の課題なのか?」について真剣に考えます。それは2つの理由から…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(96)表面的な行動の裏の動機は必ずや”善”である!

■ あなたは相手の真意を汲み取って勇気づけができるか? 行動に問題があるとしても その背後にある動機や目的は 必ずや「善」である。 ----------------------------------------------------- あなたの部下が大層できの悪い報告書を提出してきたとします。その部下は、あなたの仕事を邪魔するために、わざとできの悪い報告書を出してきたのでしょうか? 自分の仕事…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(95)楽観的であれ! 楽観主義は性格ではない。意志である!

■ 楽観的に今現在に集中する! 楽観的であれ。 過去を悔やむのではなく、 未来を不安視するのでもなく、 今現在の「ここ」だけを見るのだ。 ----------------------------------------------------- 悲観的な人は「過去」の失敗やミスをうじうじと悔やみ、まだどうなるか分からない「未来」を心配し続けます。しかし、楽観的な人は目の前の課題に集中し、「現在」で…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(94)ソリューション・フォーカス法で人を育てる!

■ ミスを憎んで人を憎まず! 間違いを指摘せず、原因究明という吊し上げもせず、 「こんなやり方はどうかな?」と提案する。 それこそが、相手を育てる有効な方法である。 ----------------------------------------------------- 親や上司が子供や部下を教育する際、面と向かって間違いを指摘するのには、こちらの勇気がいります。そして、そういう直截的なものいい…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(93)自分の力で困難を克服できる活力を与えるためには?

■ 「かわいい子には旅をさせよ」は至言である! 甘やかすと相手の勇気を奪ってしまう。 手助けしたり、ちやほやしたりするのではなく、 独り立ちの練習をさせよ。 ----------------------------------------------------- 子供は0歳児の頃からライフスタイル(=性格)を築き始めます。子供が泣きわめくたびに母親が抱き上げて機嫌取りをしていれば、子供は泣き叫ん…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(92)新しいチャレンジのためにあえて失敗させる

■ 「失敗」の機会を奪われることは勇気くじきの元である 「まだ無理だ」と思っても、やらせてみる。 失敗しても「今度はうまくできるはず」と 声をかけることが大切なのだ。 ----------------------------------------------------- 子供がジュースを注ごうとして、「どうせこぼすから私がやってあげる」と代わりにコップにジュースを注いでしまう。部下が顧客からの…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(91)アイ・メッセージで勇気づけを与える方法とは?

■ 「私」の気持ちを伝えることに徹する。 「ケーキ、食べちゃったの?ひどい!」などと 怒り、睨みつけてはいけない。 「食べたかったなぁ。残念だなぁ」と伝えるのだ。 ----------------------------------------------------- 自分が楽しみにしていたケーキを家人に食べられたとき、相手を詰ってもケーキは戻ってきません。どうしても食べたかったら、買い直してく…
続きを読む
TOPへ