タグアーカイブ: 暗黙知

会計で経営を読む

(やさしい経済学)顧客価値重視のイノベーション (1)消費財も生産財も「機能的価値」+「意味的価値」=「統合的価値」を顧客は買うのだ!

■ 本論に入る前に、延岡健太郎 一橋大学教授を紹介します ● 研究者プロフィール 延岡健太郎|一橋大学イノベーション研究センター研究スタッフ紹介 より のべおか・けんたろう 米MIT経営学博士 戦略・組織マネジメント、技術経営 1959年生 【最近取り組んでいるテーマ】 国際企業の技術・商品開発における戦略と組織の研究   (1)顧客の求める価値が「暗黙化」 本稿は、日本経済新聞に201…
続きを読む
本レビュー

そうか、君は課長になったのか。(16)はっきりと言葉にする - 「あうんの呼吸」が仕事をダメにする

■ 逆説的にチームワークが苦手な日本人 このシリーズは、現在、東レ経営研究所特別顧問:佐々木常夫さんの16万部を超える「課長本」の決定版の1冊から、私が感銘を受けた言葉をご紹介(時には、私のつまらないコメント付きで)するものです。 佐々木さんのご紹介:オフィシャルサイト 課長になったばかりのときは、部下が自分が思うように動いてくれずにイライラするかもしれません。そういう場合には、部下を責める前に自…
続きを読む
業績管理会計(入門編)

パナソニック、海外子会社を再編 今期 買収防衛策も廃止 - (考察)日系グローバル製造業の連結業績管理に資本連結を持ち込む是非

■ マネシタ電器返上! パナソニックの連結経営管理の進化が止まらない 一昔前、ソニーが新製品を上市し、すぐに松下電器が追随するという構図があった時代がありました。現時点でも電器/電機業界で、異彩を放っている両社ですが、今回は経営のお話し。 ソニーは、モルモット企業を自認しており、日本で初めてトラッキングストックを導入(2001年)するなど、コーポレートガバナンスの進化において、日本企業をリードして…
続きを読む
経済動向を会計で読む

(大機小機)転職・復職400万人時代 - 同一労働同一賃金への違和感とAIの脅威について

■ 就活経験が無い自分が今になって考える日本の労働市場 本ブログのプロフィールでも書きましたが、筆者は学部卒業時の就活経験がありません。在学中の塾講師アルバイトの延長線上で自活を始め、数回の転職と転社を繰り返して、今、コンサルタントとして生計を立てています。今回は、日本経済新聞の有名コラムで取り上げられた「日本での働き方の変容」についてです。 2016/4/9付 |日本経済新聞|朝刊 (大機小機)…
続きを読む
TOPへ