タグアーカイブ: 配賦

原価計算(入門編)

原価計算 超入門(8)原価計算における配賦とは - 費用収益対応の原則により間接費を棚卸計算させる技にすぎない

■ 「配賦」計算のそもそもに迫る! 原価計算を学習したり実務で扱ったりする際に、避けて通れないのが「配賦計算」です。本稿では、配賦計算におけ実務的なテクニックをずらずらと紹介することはせず、そもそも配賦計算を必要とする会計の考え方について基本的な所から説明したいと思います。基本的な思考を学習しておけば、千変万化する原価計算実務の世界において、採るべき配賦計算ロジックについて最適な判断が下せるという…
続きを読む
所感

制管一致について(5)管管差異もどこまで検証する必要があるか?

■ あなたの会社には管理会計制度がいくつありますか? 前回、制度会計と管理会計の数字が並立することを認める姿勢を会計の世界における「多神教」であるという説明をしました。そこでは、 (1)イデア論的多神教 →制度会計との差異は説明可能で、管理会計は制度会計のために存在する (2)プラグマティック的多神教 →制度会計との差異が説明不能な制度会計の数値も大切に思う という2つの流派があることにも言及しま…
続きを読む
管理会計(基礎編)

固定費の配賦の目的をきちんと認識していますか? -共通費と固定費の違い

■ みんなが言っている固定費とは、「共通費」と本当の「固定費」の2つの意味を併せ持っている! まず、「固定費」の意味から簡単に説明します。企業が顧客に提供する財・サービスのひとつひとつの単位でいくらと計算できずに、大雑把に、この期間に発生したことは分かる、この製品グループを製造する部門(生産ラインなど)全体で発生したことが分かるコストのことを、「共通費」といいます。その「共通費」が、ある一定の会計…
続きを読む
TOPへ