タグアーカイブ: 金融商品取引法

財務会計(入門編)

企業会計の基本的構造を理解する(6)財務諸表を取り巻く制度会計 - トライアングル体制と言われたのはその昔

■ 会計を「制度」たらしめる「制度会計」のレーゾンデートルとは? 「企業会計原則」「会計規則」「会計法規」という会計の世界の成文法(文書の形で会計処理の原理原則や手続きが記述してあるもの)を順次解説していきたいと考えています。その前に、そもそもの「企業会計」の背景に流れる「会計的なものの考え方」をざっくりご紹介するのが本稿の目的です。 今回は、「制度会計」を「制度」たらしめている根拠がどこにあるの…
続きを読む
テクノロジー

ビットコインなど仮想通貨が「通貨」として閣議決定されるまで -日経新聞まとめ(前編)

■ 仮想通貨に対する議論が盛り上がり、閣議でようやく「通貨」認定! 毎朝、日経新聞に目を通し、ある一つのテーマをずっと時系列で追い掛ける「タテ読み」を実践している筆者ですが、今回もそのアンテナに引っかかった話題がありました。「仮想通貨」が閣議で「通貨」認定がなされるに至ったというお話。 まずこの流れを演出した初出の記事から順に追っかけていきましょう。 その前に、念のため仮想通貨の定義から。 201…
続きを読む
所感

制管一致について(1)その前に制制一致の問題があります!

■ 「制管不一致」の前に「制制不一致」を考える 様々なクライアントにおいて、管理会計の仕組み構築のお手伝いをしていると、「制管一致」とか、「制管差の可視化」というテーマを頂戴することが少なからずあります。管理会計屋としては、精緻な分析ロジックを駆使して、「一致」や「差異」を管理可能なものにしていくことに、テクニシャンとしての喜びは感じるのですが、そもそも、「なぜ管理会計数値と制度会計数値の乖離が発…
続きを読む
TOPへ