小児外科医・山髙篤行 2015年3月16日OA NHK プロフェッショナル 仕事の流儀より

■ 恐れの先に、希望がある 教科書通りの治療では治らない病から命を救うのが使命。 どこに行くにも今抱えている書類を常に持ち歩く。 「四六時中考えているわけですよ、病気を治すために。それが気になってさ、頭から離れないのよ」[…]

もっと読む