Tag archives for アルフレッド・アドラー

本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(77)信用するのではなく信頼するのだ!

■ 裏付けの無い信頼をこちらから寄せることが共同体感覚を養うことにつながる 「信用」するのではなく「信頼」するのだ。 「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。 裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。 ----------------------------------------------------- 人生を幸福に過ごすには、「共同体感覚」を養うことが大事になります。前回は、…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(76)自分の不完全性を認め、相手の不完全性を許す

■ 社会的寛容さが大事! そのためのキーワードは「許す」ということ 自分の不完全さを認め、受け容れなさい。 相手の不完全さを認め、許しなさい。 ----------------------------------------------------- 人生を幸福に過ごすには、「共同体感覚」を養うことが大事になります。前回は、 ① 自分と異なる意見を許容する ② 自分の意見を相手に押しつけない こと…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(75)自分と異なる意見を持つ人は、あなたを批判したいのではない

■ 異なる意見を受け入れる寛容性が大事である! 自分と違う意見を述べる人は あなたを批判したいのではない。 違いは当然であり、だからこそ意味があるのだ。 ----------------------------------------------------- 人生を幸福に過ごすには、「共同体感覚」を養うことが大事になります。共同体感覚を高めるには、無償の愛、キリスト教が説く「隣人愛」、「隣人が私…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(74)人生の苦しみは他人を喜ばせることで解決できる!

■ 共同体感覚を高めるためには、周囲の人間を喜ばせるだけでよい! 苦しみから抜け出す方法はたった一つ。 他の人を喜ばせることだ。 「自分に何ができるか」を考え、それを実行すればよい。 ----------------------------------------------------- 人生の苦しみから逃れるためにどうすればよいかの処方箋を、アドラーがどのように語ったかについて、本書では次のよ…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(73)感謝するのと褒めることはどう違うのか?

■ 共同体感覚を高めるためには、褒めるのではなく感謝するべし! 「よくできたね」とほめるのではない。 「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。 感謝される喜びを体験すれば、 自ら進んで貢献を繰り返すだろう。 ----------------------------------------------------- どうすれば、社会に居場所があると感じることができて、自分の人生の幸福と周囲の環…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(72)相手の権利に土足で踏み込んではいけない

■ 自分の自由意思で行動する機会が増えれば増えるほど、共同体感覚を養うことができます! 相手の権利に土足で踏み込んではならない。 権利を尊重し、自分で決めさせるようにすれば、 人は、自分を信じ、他人を信じるようになるだろう。 ----------------------------------------------------- 親子とか、上司部下とか、先輩と後輩。一見して、上下関係が存在してい…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(71)失敗や敗北を避ける最も確実な方法はチャレンジをしないことである

■ チャレンジしなければ傷つかない。でもそれで本当に幸福と言えるのか? 「仕事で敗北しませんでした。 働かなかったからです」 「人間関係で失敗しませんでした。 人の輪に入らなかったからです」 ―――彼の人生は完全で、そして最悪だった。 ----------------------------------------------------- アドラーは辛辣に内に閉じこもる人の心理を解析します。 失…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(70)自分の居場所がないと思ったら他者貢献して居場所を作ってしまえばよい!

■ 他者貢献が自分の居場所を社会に作る! 人は居場所がないと感じると 精神を病んだり、アルコールに溺れたりする。 他者に貢献することで居場所を確保すればよい。 ----------------------------------------------------- アドラーの分析を、本書では次のように紹介されています。 犯罪者、精神病者、アルコール依存症、性的倒錯者、自殺する人―――。一見すると…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(69)共同体感覚の高低と活動性の有無のマトリックスで人を4つにタイプ分けすると?

■ 人のライフスタイルを分類してみました 自分のことばかり考えてはいないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、 これらの人は幸せになることができないだろう。 ----------------------------------------------------- アドラーは1933年に、人のライフスタイルを次のように分類するフレームワークを発表しています。コンサルタントたる自分から見ると、軸…
続きを読む
本レビュー

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉(68)共同体感覚を持ち合わせば人は幸福になれる!

■ 共同体感覚を持つための心の準備とは? 「他者は私を援助してくれる」 「私は他者に貢献できる」 「私は仲間の一員である」 この感覚がすべての困難からあなたを解放するだろう。 ----------------------------------------------------- アドラーによれば、「共同体感覚」を心の中に養うことで、人生における大半の悩みは解消し、すべての困難から解放される、と…
続きを読む
TOPへ