Tag archives for インダストリアル・インターネット

テクノロジー

(経済教室)第4次産業革命の可能性(上)嗜好の個別・多様化に対応 中小製造業の強み生かせ 西岡靖之 法政大学教授 - 日本発のIoTビジネスとは?

■ ドイツ発のインダストリーに対し日本発のIoTとは? 本稿は、日本版インダストリーを考える上で、日本の製造業およびサービス業の向かうところを、西岡教授の小稿を筆者なりに解釈してお伝えするものです。「向かうところ」と「向かうべきところ」に対する言及の仕方というのは自ずと異なってくるものです。 2016/9/26付 |日本経済新聞|朝刊 (経済教室)第4次産業革命の可能性(上)嗜好の個別・多様化に対…
続きを読む
テクノロジー

人間がAIに管理される日? - HRテックによる最適配置と社員の幸福感を高める「Hitachi AI Techology」の事例から

■ 人間が人間を相手にする人事管理は終焉を迎え、AIによる人事管理が主流となるのか? AIは膨大なデータを瞬時に処理するだけでなく、自動的なアルゴリズムの改良を永遠に続けられるという意味で、生半可な知識と経験による生身の人間が人事管理を担うより、人間の本質を理解して、最適な職場環境を形成できるようになるのかもしれません。 2016/6/27付 |日本経済新聞|朝刊 ITで人事効率化 HRテックをV…
続きを読む
会計で経営を読む

デンソー、アイシン株を買い増し グループ関係強化 - 株式持ち合い解消のトレンドに逆行はなぜか?

■ コーポレートガバナンス・コードを順守するか、それともケイレツを守るか? 過去の投稿「株式持ち合い解消 足踏み 企業統治指針が対応促すが… 社外取締役の役割増す」で、横並び意識なのか、お上の意を汲んでのことなのか、こぞって株式持ち合い解消に向かって進んでいる状況に警鐘を鳴らさせて頂きました。その上で、日本の企業集団で最大のトヨタ自動車グループの株式持ち合い状況について、引き続きコメントしていきた…
続きを読む
テクノロジー

乾坤一擲の日本のAI・IoT戦略 春の陣 日本経済新聞まとめ

■ それはシンギュラリティを政府が真剣に考え始めるところから始まった! 先日、日本のAIとIoTの開発戦略について、2つ小稿を書かせて頂きました。 IoTに関しては、ドイツ「インダストリー」と米GE陣営「インダストリアル・インターネット」との合従連衡を取り上げました。 ⇒「IoT三国志 インダストリーとインダストリアル・インターネットの同盟締結で、日本のインダストリアル・バリューチェーン・イニシア…
続きを読む
テクノロジー

IoT三国志 インダストリー4.0とインダストリアル・インターネットの同盟締結で、日本のインダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブは栄光ある孤立!?

■ IoT三国志。日米独の三国鼎立は、合従連衡で均衡が破れてしまうのか? 工業先進国のトップランナーだった日米欧それぞれで、次世代のIoTを駆使したものづくりのニュースタイルの在り方について健全な競争が行われていると思っていましたが、ここにきて、日本の立ち位置がますます厳しくなってきたようです。 筆者が名づけた「IoT三国志」。 ● ドイツ:インダストリー(Industry ) ● 米国:インダス…
続きを読む
テクノロジー

文系にも分かる! インダストリー4.0、インダストリアル・インターネット、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブの違い(2)

■ 具体的なビジネスケースで迫る!「IoT」をビジネス化するのに国別に違いがあるのか? 「IoT:Internet of Things(モノのインターネット)」。あらゆる産業機器にセンサーを取り付け、その稼働状況・使用状況をビックデータとして扱い、飛躍的な生産性向上に活かそうとする動きが今注目を浴びています。前回も言及しましたが、もはや、センサーが取り付けられるのは機器だけではなく、人間にもウェア…
続きを読む
テクノロジー

文系にも分かる! インダストリー4.0、インダストリアル・インターネット、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブの違い(1)

■ 「IoT」に対する日米独における三者三様の取り組みの違い 「IoT:Internet of Things(モノのインターネット)」、すべてがネットの世界でつながる世界を作り、産業のあり方を変えようとする動きが、ドイツ、米国、日本、いわゆる先進工業国の代表国(TOP3というと怒られます?)それぞれで、盛んになっています。最近では、ウェアラブル端末を人間にも装着し、「ヒト」のバイタルデータまで、ク…
続きを読む
テクノロジー

(真相深層)GE、IT人材のみ込む 製造業デジタル化で生き残り 争奪戦過熱、試される本気度

■ 激化するIT人材獲得競争 どうして重電メーカーが? そう思った時点ですでに時流に遅れています! 米GEが提唱する「インダストリアル・インターネット」、独シーメンスが参加する「インダストリー」。コンセプト先行では決してなく、既にそこにある現実。もはや、将来を見越してではなく、足下の開発競争で不足が叫ばれているIT人材をこぞって募っているのが現状です。シリコンバレーにもその波がというか、シリコンバ…
続きを読む
テクノロジー

ものづくり技術標準化 工場や設備、相互に接続しやすく 30社がコンソーシアム(1)

■ インダストリーの向こうを張る動きがようやく日本でも! ようやく、日本でも「インダストリー」「インダストリアル・インターネット」と同様の取り組みが始動しつつあります。しかしながら少々、日本独自の味付けがしてあるようです。 関連過去記事(インダストリー三部作): ⇒「(ビジネスTODAY)「製造業革命」日本に焦り IoT活用、企業間連携で出遅れ ドイツ、国挙げ規格作り(1)」 ⇒「(ビジネスTOD…
続きを読む
テクノロジー

(ビジネスTODAY)「製造業革命」日本に焦り IoT活用、企業間連携で出遅れ ドイツ、国挙げ規格作り(1)

■ 問題は「規格」ではない。ものづくりの「企画(考え方)」だ ドイツでは、SAPやボッシュ、シーメンスを中心に、「インダストリー」に取り組んでいます。なにか、「」に関するネットワーク標準(プロトコル標準)規格づくりにドイツが勤しみ、新しい産業界でのデファクトスタンダードを握られたら、日本の製造業が置いてけぼりを食らう恐れあり、という論調になっています。本当のところはどうなのでしょうか? インダスト…
続きを読む
TOPへ