■ 管理会計の目的のひとつは、数字で人の心を動かすこと 管理会計の目的のひとつに、「動機付け」があります。事業や組織の業績評価を通じて、人事評価、特に業績変動給の設定などで、事後的な評価制度を使うルートと、契約や取引に何らかのインセンティブ項目を設定して、事前的な行動の方向付けを行うルートの2つが基本的に存在します。今回は、後者の取引・契約におけるインセンティブのお話です。 2016/7/2付 |…
続きを読む