■ 何でも“包む”機械 「火星人」驚異の実力! 番組開始早々に、名月堂の「博多通りもん」が登場。とろけるような餡子の饅頭はいったいどうやって作られているのだろうか。とろとろの白あんに軟らかい生地。手作業では到底包むことはできない。それを可能にしたのが何でも包む機械、1日30万個包むことができる。 つぎは埼玉のロッテ浦和工場。あったかい餅と冷たいアイスが登場。そう、雪見だいふく。食品業界がこぞって頼…
続きを読む