Tag archives for 仮想通貨

テクノロジー

フィンテックが迫る変革(4)(経済教室)仮想通貨の可能性 特許・標準化戦略が重要に 技術革新へ人材不足課題 山崎重一郎 近畿大学教授

■ 仮想通貨が直接交換可能に それを支える中核的テクノロジーがブロックチェーン 今回は、フィンテックが迫る変革シリーズの第4弾として、日本経済新聞の「経済教室」からブロックチェーン技術についての解説まとめ記事をお届けします。ブロックチェーン技術は、仮想通貨の運用を支える根幹の技術であり、仮想通貨は、「資金決済法」改正により、決済手段として法的裏付けが取られ、財産的価値と価値交換手段として認められま…
続きを読む
テクノロジー

フィンテックが迫る変革(3)銀行経営の変革 - 銀行法改正のインパクトと仮想通貨について

■ メガバンクの企業統治にも影響を及ぼすフィンテックの脅威 銀行法の改正が射程に見えてきたメガバンクは、持ち株会社主導の指名委員会等設置会社に次々と移行し、フィンテックにも積極的に投資できる環境に国を挙げて整備してきました。 2016/5/12付 |日本経済新聞|朝刊 3メガ銀、持ち株会社主導 三井住友FG、指名委等設置会社に 銀行中心主義を脱却 「日本の3メガ銀行グループが持ち株会社の権限を強化…
続きを読む
テクノロジー

仮想通貨は本物の貨幣になるか 増島弁護士に聞く

■ 電子マネーやポイントと同列 銀行や証券会社では使えない ビットコインに代表される仮想通貨が、「通貨」認定を閣議で受けて、「資金決済法」の改正により、取引手段として法的保護を受けられるようになる、という報道で盛り上がりました。筆者も、2日続けて、閣議決定までの一連の流れについて新聞記事を中心に追っていきましたが、なぜ「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(我々が貨幣法と認識しているもの)」の改…
続きを読む
テクノロジー

ビットコインなど仮想通貨が「通貨」として閣議決定されるまで -日経新聞まとめ(後編)

■ 今度は国会での論議。焦点は「税法」上の取り扱い 仮想通貨が閣議で「通貨」認定される。前編は金融庁の「決済資金法」改正の動きまでウォッチしてきました。さらに、閣議決定までの議論の盛り上がりを日経新聞でトレースしていく後編になります。やっとこの投稿でゴールにたどり着きます。 2016/2/29付 |日本経済新聞|朝刊 ビットコイン非課税化の議論 税収か国際競争力か 「仮想通貨ビットコインを「モノ(…
続きを読む
テクノロジー

ビットコインなど仮想通貨が「通貨」として閣議決定されるまで -日経新聞まとめ(前編)

■ 仮想通貨に対する議論が盛り上がり、閣議でようやく「通貨」認定! 毎朝、日経新聞に目を通し、ある一つのテーマをずっと時系列で追い掛ける「タテ読み」を実践している筆者ですが、今回もそのアンテナに引っかかった話題がありました。「仮想通貨」が閣議で「通貨」認定がなされるに至ったというお話。 まずこの流れを演出した初出の記事から順に追っかけていきましょう。 その前に、念のため仮想通貨の定義から。 201…
続きを読む
テクノロジー

日本経済新聞の人気コラムで続けて「フィンテック」が取り上げられる -その裏側と熱狂を斬る!

■ まいにち、「フィンテック」!  フィンテック(FinTech)という文字を日経新聞で目にしない日は無いですね。人気コラムで「フィンテックの裏側」「「フィンテック熱」の裏に危機感」と続けて畳みかけられたので、耐え切れず、コメントを付けてしまいました。 ちなみに、保険と組み合わせるのは、「InsTech」(インステック)というのだそうです。 (参考) ● InsTech(インステック)とは?(OF…
続きを読む
テクノロジー

フィンテック(FinTech)の最新動向(2)ブロックチェーンを取り上げます 日本経済新聞より

■ 2015年秋の「フィンテック」動向 - 経済紙はこのように報道する! 日本を代表する経済紙である日本経済新聞が、引き続きバズワードである「フィンテック」を使った記事掲載をしています。少し間口が広くなり、ITを使った金融サービスとしての動向が語られていますので、夏に続き、サマリ投稿を作ります。経済紙ならではの観点から、特定のテクノロジーの報道のされ方を見ていきたいと思います。 念のため、用語の定…
続きを読む
TOPへ