Tag archives for 原価計算

原価計算(入門編)

原価計算 超入門(7)全部原価と直接原価の違い

■ 原価計算要素の分類基準にはいろいろある! 原価計算の超入門その7は、前回までで、一連の原価計算手続きについて説明を終えたという前提で、初学者がその学習過程で勘違いしやすい原価要素の分類基準に潜む罠につき、転ばぬ先の杖として、次のステップに行く前に解説しておこうという魂胆の回になります。(^^;) 「原価計算基準」では、原価計算する対象となる原価要素について、次のような分類方法があると説明してい…
続きを読む
原価計算(入門編)

原価計算 超入門(6)基本的な原価計算の流れ -制度会計と管理会計の違いを知る!

■ まずは、原価計算のハコの中で、完成品の製造原価を求めてみましょう! 原価計算の超入門その6は、前回ご紹介した「基本的な原価計算の流れ」にて、材料費と加工費の製造原価まで求めた続きをしましょう。製造原価は、今期(今月)作ったモノの単価が分かったところまで。それが実際に売れて初めて、その製造原価は売上原価へと変身するのです。前回、原価計算のハコの中で、材料費と加工費の製造原価を計算しました。後はそ…
続きを読む
原価計算(入門編)

原価計算 超入門(5)基本的な原価計算の流れ -製品原価を求めてみる

■ 総合原価計算の手続きに沿って、原価計算の流れを説明します! 原価計算の超入門その5は、前回ご紹介した「基本的な原価計算の流れ」を実際の数字を置いて説明します。シンプルに、仕損品は無いし、半製品・副産物が売れたりもしませんし、他勘定抜けも発生しません。筆者は徹底的に実務に役立つことを目指した解説を心がけているため、概念だけでなく、できるだけ数値による説明を心がけます(それでも、数字だけで実務が伴…
続きを読む
原価計算(入門編)

原価計算 超入門(4)原価計算の目的と棚卸計算

■ 原価計算と聞くと、棚卸計算の悪夢が蘇る! 原価計算の超入門その4は、前回予告した通り、「仕掛品(しかかりひん)」を含む、棚卸計算を原価計算目的に照らして説明します。尋ねる人によりますが、「原価計算 = 棚卸計算」と考えている人も多数いらっしゃいますし、原価計算が各種の経営管理や決算手続きで難関になっているのは、この「棚卸計算」によるところが大、といえましょう。 「棚卸計算」とは、貸借対照表(B…
続きを読む
原価計算(入門編)

原価計算 超入門(3)個別原価計算と総合原価計算

■ 原価計算の方法にはいろいろある! 原価計算の超入門その3は、原価の計算方法の種類を説明します。標題にもあるように、大別して、「個別原価計算」と「総合原価計算」という2つの計算方法があります。 前回説明した、「実際原価」と「標準原価」という原価の種類と、製品ひとつひとつの原価の求め方の区別と組み合わせて、 ・実際個別原価計算 ・実際総合原価計算 ・標準個別原価計算 ・標準総合原価計算 という2×…
続きを読む
原価計算(入門編)

原価計算 超入門(2)実際原価と標準原価

■ 原価の種類にはいろいろある! 原価計算の超入門その2は、原価の種類を説明します。標題にもあるように、大別して、「実際原価」と「標準原価」という2分法で原価を区分する見方があります。 ここで、読者の方々をいたずらに混乱させるつもりは毛頭ないのですが、「実際原価」と「標準原価」以外にもよく使われる「●●原価」という言葉を書き出してみます。 見積原価、予定原価、歴史的原価、目標原価、直接原価、部分原…
続きを読む
原価計算(入門編)

原価計算 超入門(1)原価計算の見取り図

■ 原価計算の憲法は、「原価計算基準」です! いよいよ、満を持して「原価計算(入門編)」のスタートです。 このシリーズでは、超入門から初めて、原価計算制度、原価管理方法まで解説を進めていきたいと思います。 さて、どの学問分野にも、お手本となる基本的考え方が示されている「法則」や「基本ルール」が存在していると思います。「公法」分野を学ぶ人は、まず「日本国憲法」を読まずして、その学習を前に進めることは…
続きを読む
TOPへ