■ 「工事進行基準」が経理操作の温床に! 東芝が、FY14の決算が通常日程で行えないほど揺れています。粉飾決算や内部統制のお話という事件簿的な報道はマスコミ各社に任せるとして、どうしてこのような経理操作が行える仕組みになっているのか、その会計的メカニズムのお話を超基本に立ち返って説明したいと思います(ゴシップを期待していた人はあしからず)。 2015/6/13|日本経済新聞|朝刊 東芝、受注時に損…
続きを読む