■ 築200年の天守を動かす 世紀の大工事に挑む曳家職人 『“城”が動く』 弘前城天守閣。江戸時代に築かれた国の重要指定文化財だ。その天守が今、倒壊の危機に瀕していた。天守の足元、石垣が老朽化し、放置すれば崩壊する危険な状態にあった。そこで石垣を補修するため、天守を移動させる。200年以上の歴史を誇る天守の大工事を任された一人の男。どんな建物も自在に動かす若き匠。曳家職人、石川憲太郎、40歳。 (…
続きを読む