■ 材料の「有償支給」に潜む誘惑 「前回」に引き続き、三面記事的とりあつかいではなく、あくまで会計基礎を学ぶ大変いい教材として、東芝を取り上げます。今回は、パソコン事業の材料の「有償支給」に伴う利益の過大計上(厳密には、期末在庫評価額の過大評価)の説明をします。 (前回:「工事進行基準」における「損失引当金」の処理について) ⇒「東芝不適切会計、半分は13年度 スマートメーターなど 損失引当金計上…
続きを読む